2008/12/19

プリズン・ブレイク3

プリズン・ブレイク 深夜に放送中です

最近、日テレの深夜に放送されているプリズン・ブレイク』を録画して見ています。
基本的に、どこの国のものでも、吹き替え版って嫌いなんですけど、このドラマに限っていえば、
「吹き替えがとっても上手」
です。
個人的には、マイケルが好きなんですが、私の周りでは、Tバック好きが非常に多く、そのTバックファンを作り出したのは、
その「吹き替えの力」
なんではないか、と思っています。
「よぉ~、かわいこちゃん♪」
の一言にグッと来ている人が大勢います。
先週は、
「よぉ~、カナリヤちゃん」
に変わってました。
なんで、カナリヤなんだ??
歌でも歌うのか?

マイケル来日中??

マイケルと言えば、最近、来日したそうで、もしかしたら、今頃、日本旅行を楽しんでいるかもしれないですね。
一部の人の間では、
『監獄王子』
なんて、あだ名を付けているそうで・・・。
王子って言えばいいと思ってないか??

12話を見ました

今日も、昨日の深夜に放送した分を見ました。
残すところあと数回です。
この後、アメリカでは脚本化協会のストに入ってしまったので、どんだけ中途半端な終わり方をするのか、気になっています。
今日のストーリー展開は、ある程度予想通りでした。
シーズン1で鬼刑務官だったべリックが、パナマの刑務官に、昔自分がしていたようにボコボコにされているシーンでは、
「世の中、自業自得、因果応報だわ・・・」
とつくづく思ったのでした。
おバカなスクレが足を引っ張るのも、Tバックがしぶとく生き残るのも、ちょっと今までのパターンと抜け出せていないようで残念です。
その辺の新たな展開は、シーズン4に期待です。

期待のドラマがモリモリの来年

残念なことに、この『プリズン・ブレイク』の放送は、もう少しで終わってしまうのですが、1月からは、『HEROES/ヒーローズ シーズン2』が始まりますし、それよりも、アメリカで評判が高まっている『24 -TWENTY FOUR- 』の方が早く見たいかも。
いや、もっと楽しみなのは、1月からWOWOWで放送予定の『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』です。

来年も、今から、楽しみがいっぱいです♪

12月 19, 2008 海外ドラマ プリズン・ブレイク | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/18

プリズン・ブレイクⅡ

かなりはまっています。

シーズンⅠも面白かったのですが、シーズンⅡは面白さが加速しています。

こう言ってはなんですが、深夜放送なんて本当にもったいないですよ。

Prison_break_2 

シーズンⅡは、シーズンⅠで脱出したリバー・フォックス8のその後です。
アメリカではもうすぐシーズンⅢが始まるらしい。
ってことは、続きがあるんですねぇ~(^m^)ウッシッシ
あぁ~続きが楽しみだ♪

軽くストーリーを説明しちゃうと、脱獄した囚人達の逃走劇です。
その背後には大統領の巨大な陰謀が隠れています。
兄弟である主人公たちは無罪なのにも関わらず陰謀に巻き込まれ、脱獄して逃走するしか生き延びる道は無くなってしまいます。
そこへ、愛情と友情が絡み合い、さらに常につかまりそうでつかまらない・・・というハラハラドキドキが待ち受けています。
まさに、『逃亡者』です。

Prison_break_2_1

今週(第2シーズン第13話)も最後にえぇ~??っていう展開が待っていました。
そうくる~??みたいなね。
もう、ここまできちゃうと見なきゃマジ損ですよ。

俳優たちも適材適所な上に、みな個性的で、有名無名が入り混じり、かなりナイスなキャスティングです。
特に良いのは、主役のマイケル・スコフィールドです。
(もしや、主役は兄のリンカーン??)
マイケルを演じているのは、ウェントワース・ミラーという新人俳優。
いや~、彼はかなりの大物新人なのですよ。
知的な上に繊細で上品。
マイケルはIQ180(だったっけ??)という役柄ですが、ミラー本人もプリンストン大出身のインテリだそう。
いい俳優が出てきたね~。
ハリウッドは、どこにこんな俳優を隠してきたんだ??
スタイルもいいし、あれでアクションができたら無敵。
ちなみに、アクションについてはそんな激しいシーンが無いので、その実力の程はまだ未知数。
彼は、マット・デイモンの枠(繊細で知的な役)を狙える俳優じゃないかと密かに観察しています。
弁護士役とか、検事役とか、一生やっていける知的さを備えています。
もしかして、マット以上かもと感じることすらあります。

Prison_break_213

シーズンⅠは、現在レンタル中です。

もう一度言います。
見なきゃマジ損です。
女目線でも男目線でも見れるドラマです。

プリズン・ブレイクⅡ 公式サイト

8月 18, 2007 海外ドラマ プリズン・ブレイク | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/10

プリズン・ブレイク 第20話

土曜日とはいえ、仕事やら勉強やらしなくちゃいけないことがいっぱいあったので、午前中にコンビニへ買い物へ行ったきり、一日家におりました。

そうやって引きこもっていると気分が鬱々してくるので、昼休みはたっぷり取って、ゆっくり休みます。

今日は、昼食をしながら、この『プリズン・ブレイク 第20話』を見ました。

Prison_break_20 このドラマの話は、既に何回か出ているような気がしますが、ストーリーをざっと紹介すると、

ある兄弟がいます。
兄は、副大統領の兄弟を殺した罪で投獄され、近々死刑の予定です。
弟は、そんな兄の無罪を信じ、彼を脱獄させて助けるために、銀行強盗をして同じ刑務所に入所します。
IQ200の弟は、緻密に脱獄計画をたてていきますが、その計画を進めていこうとするたびに邪魔が入ってしまい・・。

というお話ですが、話の展開が速く、ぐんぐん引き込まれて見てしまうドラマです。

本日の第20話は、看守のべリックに仲間と掘った“穴”が見つかってしまうところからはじまります。
私は、これも作戦のうちであり、べリックに見つけさせるためにわざとリークしたんじゃないかと思っていたのですが、そうでもなかったようです。

いや~、そこからがドキドキするんですよ~。
どう考えてもそいつは敵だろ?ってヤツをマイケルが仲間に入れてみたり、こいつは、絶対に味方だと思っていた人が、「えぇ?実は敵・・・??」なんてことがボチボチ出てきているんですねぇ。

さらには、マイケルと刑務所診療所のタンクレディ(すごい名前だよね)医師の恋愛も進展しつつあり・・・。

あぁぁ、これが深夜2時にやってるなんてもったいない!
個人的に言わせて貰えば、ゴールデンタイムにやってるドラマよりもはるかに面白いね。

この第20話の放送の後には、5月からシーズンⅡを放送することが決定!なんて嬉しいお知らせもあり。
シーズンⅡ~。
次もあるなんて知らなかった~。

DVDレンタルもされているので、海外ドラマ好きにはオススメです。

プリズンブレイク 日本テレビ 公式サイト

3月 10, 2007 海外ドラマ プリズン・ブレイク | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/05

プリズン・ブレイク #15「計画変更」

これがねぇ~、面白いのですよ。
『24より面白い』がキャッチフレーズだったんだけど、「ん~、確かにそうかも・・」と思えるぐらい面白い。

去年、日テレの深夜に放送したのに気付いた時は、もう何話か進んだ感じだったので、地上波をあきらめ、「しょうがない、DVDでもレンタルするか」と#1と、#2はレンタルで見たところ、「そんなに言う程おもしろいかなぁ・・?」と正直思ってしまって、そのまましばらく見ないでいたのね。

それが、この正月の深夜に集中放送されていたので、それを録画して見た所、実は、回を重ねるごとに面白くなるドラマで、今では、欠かせなくなってるのねぇ~。

Prison_break_1


この二人がスコフィールド兄弟です。

兄リンカーン・スコフィールドは、副大統領の兄弟を殺した罪で服役し、間もなく死刑が執行される予定。
しかし、弟マイケル・スコフィールドは兄の無実を信じ、無実で兄を死なせたくないとの思いから、兄と同じフォックスリバー刑務所に入所して、脱獄を計画。

これから見る人のために、多くは語れませんが、弟マイケルはIQ200という設定もあって、頭もキレるし、先の展開に驚くことばかり(@@)
また、すご~くいいところでCMに入ったりして(その辺は『24』と同じ)、ドキドキしっぱなし。
毎度1話があっという間なのねぇ~。

刑務所内で起こる、VS.入所者、VS.看守の面白さはもちろん、時には、リンカーンと元恋人の弁護士、マイケルと刑務所勤務医師サラの恋愛模様もあるし、時には政治的な陰謀も絡むし、時には、家族の絆の話も盛り込まれてる。
隅から隅まで見所いっぱいでございます。

ちなみに、このドラマの仕掛け人の一人、ブレット・ラトナーは、『ラッシュ・アワー』や、『レッド・ドラゴン』の監督で知られ、現在ハリウッドで大注目されている人。

「面白いドラマ見たいなぁ~」という人には、オススメの作品でございます。

日テレ『プリズン・ブレイク』 公式サイト

2月 5, 2007 海外ドラマ プリズン・ブレイク | | コメント (0) | トラックバック (0)