2005/10/16

リバーダンス

1999年の初来日のときに、この舞台を見たとき、あまりの素晴らしさに超驚いたんだよね。
その後、何度か来日しているのを知っていたけど、一度見た公演を再度見るなら、他のプログラムを・・、と見ていなかったんだ。
で、今年。
久しぶりに見たくなって、友人を連れて行ってきたんだぁ~。
riverdance


まず、ご存じない方のために、リバーダンスとは・・
公式サイトによると、
顔はまっすぐに前を向き、上半身は直立させたまま全く動かさないのに、脚だけが音楽と連動し、凄まじいスピードでステップを刻む。
だってぇ~。
そう。
ダンサーがまっすぐに直立して、脚はカタカナの“レ”みたいな形になった後、そのまま振り下ろし、強烈なタップを踏むの。
これがね、ラインダンスみたいに大勢の男女(24人らしい・・)が、ズラーーーーッと一列になって、一度に一斉にタップを踏むんだ。
『タイタニック』という映画を見た人だったら、ディカプリオと、ケイト・ウィンスレットが二人で踊っていたダンスよ。
と言えば、あぁ~。と思うかもしれない。
riverdance1もちろん、バレエと同じように、ソロもあれば群舞もあるけど、このダンスの特色は、同じところから生まれた違う種類のダンス、アメリカのタップやスペインのフラメンコ等の競演が面白い。
フラメンコの舞台にアイリッシュダンスやタップが出てきたり、『タップドッグス』にフラメンコやアイリッシュダンスは出てこないこと考えると、それが、このリバーダンスの特徴になってるよね。

魅力は、他にもまだまだある。
riverdance2音楽も魅力の一つ。
バイオリンやパーカッションから構成される小楽団が舞台の端にいて、バイオリンソロや、歌もある。
また、歌の声がきれいでねぇ。
音楽も、やっぱりバグパイプで奏でるスコットランドの音楽に近いかなぁ~。
これがまた、非常にかっこいいのでオススメでやんす。

riverdance3ま、いろいろ書いたけど、一番よいのは、やっぱり一列にズラーーーッとならんで、一斉にタップを踏むダンスっすね。
大勢のタップが一瞬たりとも乱れることなくタップを踏むその音を聴いていると、ザザザザーーーーーッと鳥肌が立つのよぉ~。
これはねぇ、是非、ダンスに興味がある人なら、一度ぐらい体験して欲しい。
2回目の私も、再度感動して帰ってきました。
舞台が無理でもDVDがいろいろ出ているみたいなので、そちらもオススメ。

リバーダンス 公式サイト

10月 16, 2005 舞踏 | | コメント (4) | トラックバック (2)