2009/01/21

Yes!We Can!

オバマ大統領就任式

やはり、今日はこの話題かな。
いや、そんなに気合を入れて見ていなかったんですけど、大統領就任式にロックコンサートのようなアメリカが単純に楽しそうでうらやましいなぁと思いました。
演説時は、-7℃との気温にも関わらず、そこに集まった大勢の人たちが、彼の演説に夢中になってるって、すごいパワーよね。
Photo
しかも、演説に夢中になっているだけでなく、初のアフリカ系アメリカ人の血が流れた大統領の就任に嬉しさのあまり涙を流している人までいて、いや~、ドラマチックですね。

個人的には、壇上に登場して歌を歌ったアレサ・フランクリン(全然歳とってないし!!)や、やはり、私たちと同じアジア系のヨー・ヨー・マが演奏したことに目がいっていました。

個人的に期待しています

私が、オバマ大統領に期待するのは、経済の建て直しや、イラク撤退ももちろんなんですけど、
『二酸化炭素の削減にどれだけ取り組んでくれるか』
にとても期待しています。

今日は、キャデラックの装甲車みたいな車でパレードした大統領ですが、今後は、二酸化炭素の削減を目指して、公用車で率先して日本製の電気自動車でも乗るようになってくれれば、世の中の景色も随分変わるような気がしています。

なんてったって、今までのB大統領の環境政策がかなりひどかったので、せめて、気持ちだけでも、「京都議定書の批准」を目指して欲しいと願っています。

現実はキツイ

しかし、世界の投資家たちはそんな私のように楽天的な見方はなく、お祝い景気なんて甘やかしもなく、今日の株価は、歴代の大統領就任式の日で最も大きな下げ幅を記録したそうで、
「さっさと経済対策をしろ」
ってことみたいですね。
さすが、実際の経済はシビアですね。

前向きで行こう!

オバマ大統領が就任しただけで、日本でもかなりの経済効果があるそうで、そんな情報だけでも、少し前向きになれるような気がしますが、その気分のまま、彼のスローガンである
「Yes!We Can!」(やればできる!)
のとおり、何事も前向きに取り組もうとする気持ちをいつまでも持ち続けられる時代が来るといいなぁと願うばかりです。

1月 21, 2009 ニュース, 経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (0)