« 「やせ食材で“脱”ダメ太り」 の見出しに興味津々です | トップページ | ダイエットの参考書に・・・ »

2010/08/26

アイリス 第17話 終盤へきて・・・ #iris_jpn

ちょっと残念な感じ

このアイリスも、既に終盤

ちょっと詰めが甘い感じに見えてしまうのは、カットされているせいなのか、元々なのかちょっと分からないのですが、その詰めの甘さが残念な感じがしました

アイリス

例えば、最初は、南北の対立でドキドキしていた展開もなんとなくうやむやになってきて

北朝鮮は、その独裁政権のせいで、飢えで死んでいく人が大量にいるのが現実なのに、
ソンファは、
「故郷に帰って農業でも、教師でもやって暮らしていく」
なんて、絵空事を言っていて

さらには、アイリスは南北の対話を阻止した先に何を目指しているのかが見えなくて、

それをサウが指摘すれば、

「お前はそんなこと知らなくて良いんだ」

なんて、ペク・サンに言われてしまうけれど

アイリス

サウだけでなく、優秀な人たちに忠誠心を持たせるように洗脳をするには、ウソでも良いから大きな目標が必要なわけで

本当に大義が泣ければ、それ程優秀な人たちがアイリスに集まることも無いような気がしてしまい

見ているこちらも「きっとこうなんだろうなぁ」と、想像力を働かせているだけでは集中が途切れてしまうんですよね

悪いけれど、私も途中から考えるのを止めてしまった・・・

しかし、作りとしてうまいのは、そうやって、話が途切れた要所要所に爆発シーンやら、アクションシーンやら、ラブシーンの見所をちゃんとはさんでくるので、気にせず最後まで見られる作りにはなっています

しかし、泣いても笑っても、後2回

今後、どんな展開が待っているのか楽しみなのであります

TBS アイリス 公式サイト


8月 26, 2010 TBS アイリス, TVドラマ, 韓国ドラマ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/49252350

この記事へのトラックバック一覧です: アイリス 第17話 終盤へきて・・・ #iris_jpn:

コメント

toeさん、こんばんは~~!!

↑二枚の写真!かっこいい!!
若い頃の明るくて元気な姿も良かったけど、韓国に戻ってからのヒョンジュンって、大人の男性、頼りになる人って感じで、本当にステキ~~!!
この二枚、どちらも電話を耳に当ててますね。これまでも携帯を使う姿はあったけど、ここからは携帯電話に見てる側も注目することが多そうです・・。

アイリスって・・。表に出したくない集団だったはずですよね。
北のテロ集団は、居場所を旧倉庫にしたり、気付かれそうになると場所を移して目立たないように気配りしていたのに、今回出てきた多国籍集団って、なんだか誇示してませんか?
いくらトンネルをいくつも越えた場所にあったとしても、あ~~んな大きな建物が、たくさんの銃を持った見張り付きで、韓国という国の中にあるのだから、内緒にも限度というものが・・。違和感がありすぎて・・。

チェジュで、スンヒが非通知電話を受け取ります。ペクサンはまだ囚われの身だったとき。ということは、スンヒはペクサン以外のアイリスの誰かを既に知っていたんでしょうか?
このあたり、謎めかそうとしてるんですが、スンヒを今頃になって鍵にしようとしてて、無理があると感じました。
というか、
>その詰めの甘さが残念な感じがしました
私もそう思います。

光化門の回の後から、話が荒っぽくなりますよね。核テロ阻止までは結構緻密に作られていたのに、ここにきて途端に非現実的だと感じてしまうのは何故なのでしょう?

>サウだけでなく、優秀な人たちに忠誠心を持たせるように洗脳をするには、ウソでも良いから大きな目標が必要なわけで

ふむふむ、なるほど!!!と思いました。

投稿: 2乗 | 2010/08/27 2:54:09

>スンヒはペクサン以外のアイリスの誰かを既に知っていたんでしょうか?

そこがきっと、「禁断の果実」だと思うのですが、きっと、スンヒを幼いころから知る人物(例えば、親族・親戚)がアイリスだったんじゃないんですかね~

ヒョンジュンの幼少の頃の話は出てきたけれど、スンヒの話は出てきてないですよね

スンヒの親族が、将来スンヒをアイリスに入れるために英才教育をしてきた可能性はありますよね

その親族が大人になったスンヒをペク・サンに預けれたけれど、本来は宿敵となるべきヒョンジュンに奪われてしまったことに、お怒りなのではないかと

今回、ペク・サンがスンヒのことで電話会談していたシーンがあったと思うのですが、相手とかなり丁寧な敬語で会話していたので、ペク・サンよりも上の人間が、スンヒの扱いについてペク・サンに指示を出しているなと思ったんですよね

>光化門の回の後から

それまでは、前撮りのシーンが結構あったけど、この前あたりから、撮影と放映が同時進行になっていたと思うんですよね

で、韓国流に言うと、
「視聴者の反応を見てストーリーを柔軟に変える」
と言ってるじゃないですか

恐らく、ここまで、いくつか結末を用意しながら、決定稿が無かったんじゃないですかねぇ

で、さらに、ここへきて、ビョンホンとアイリスに対する訴訟騒ぎがいろいろありましたよねぇ

逆に、あの騒ぎの中で、このクオリティで作るのはかなり大変だったんじゃぁないかとおもうのですが、

続編を作る話も出たし、映画を作る話もあったし、アイリスは闇の中にしちゃったんですね。
きっと。


とても残念なのは、
ペク・サン役に、あの大先輩をビョンホンがわざわざ連れてきたというのは、
ただの悪役じゃない人間性みたいなものを描きたかったんだと思うんですよね

それが、今のところ、中途半端なまま終わろうとしているんですよね

描ききれないなら、得意のパターンで4話ぐらい増やせば良かったのにとさえ、思います・・・

投稿: toe | 2010/08/29 23:07:45

heart02toeさん、お仕事、遅くまでお疲れ様でした。
帰り道busも大変だったようですね。
今は家でお休みになってらっしゃるでしょうか?

なんと、今週は二話分で最終回なんですね。
スンヒの秘密が少し明かされるsign02
もしかしたら、真実じゃないかも?gawkって思います。

ハンガリーから戻って働いていた園芸店に登場したのは、スンヒの母親かと思ったら、叔母だったんですね。
確かNSSって、家族にも内緒だということだったけど、彼女の事を韓国一のプロファイラーだと言っていたので、誰なのかと思ってました。

>ペク・サン役に、あの大先輩をビョンホンがわざわざ連れてきたというのは、ただの悪役じゃない人間性みたいなものを描きたかったんだと

おぉ~!なるほど・・。そんな風に考えてらしたんですね~。
ハンガリーでの暗殺を持ちかける際、東西のドイツの統一の話まで出して、その目標が全く嘘の正反対だったのと、あの映画とも混じってしまって、生理的に受け付けなくて、いけません・・。役柄というだけなのに・・。反省。
もっと大先輩という尊敬upの気持ち見ます。

この回で好きなのは、ヒョンジュンがスンヒを心配し何者なのかを考え、サウも同じくスンヒの立場に疑念を抱いてるところです。敵味方なのに、結局二人の気持ちの底にあるものが同じだってことです。
一話でスンヒが二人をかどわかしたことに繋がるのでしょうか?あの誘惑シーンに何の意味があるのか?coldsweats01最初はよくわからなかったけど、親友どうしの二人、彼女と出会ったのが悲劇weepでしたね。
・・・その悲劇の台本を書いたのがペクサンなのでしょうけど・・。

そうそう、もう一つ好きなシーンが。
NSSで、ヤン・ジョンイン(スンヒの親友)に用事を伝えるため、話しかけてきたテソンを手で制したpaperヒョンジュン。ヤン室長との話を終えて、テソンの後ろからポンッと叩く、その演技の全てが自然で~~~。lovely
「デキル男」ヒョンジュン、ステキです。heart04heart04

投稿: 2乗 | 2010/08/31 1:46:07

コメントを書く