« マリノスじゃないの?? | トップページ | 桜姫 »

2009/06/12

新型インフルエンザ フェーズ6

梅雨時期にインフルエンザ??

先月は、お陰さまで、とても忙しい1ヶ月でした。

その理由の一つが、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)でした。

といいますのも、日ごろお手伝いをさせていただいている制作会社で、ネットショップの企画・運営をやっていまして、その顧客のネットショップでマスクを売っていまして、そのマスクがバカ売れし、
毎日のようにマスクの新商品が入ったり、 マスクの売り切れが出たり、マスクの在庫数制限をかけたり・・・と、そんなことをやっている間に、既に、夜8時を過ぎて・・・なんてことがザラでした。

梅雨入りして、少しは落ち着くだろうと思っていたこの時期に、フェーズ6(世界的大流行)。
正直、理由が分かりません・・・。
インフルエンザウイルスは湿気が大嫌いだから、うがい手洗いとか、湿ったマスクとかするはずなのに・・・。

マスクよりも免疫力

しかし、新型とはいえ、インフルエンザには変わりません。
うがい、手洗いよりも、マスクよりも強力なのは、免疫力
そんなものに頼らずに、体に入ってきたウイルスは、自然治癒力で退治すべき。
栄養バランスの取れた食事をしっかり摂って、よく寝ること。
これが、一番ですね。

ただし、糖尿病患者の方とか、HIV陽性の方とか、小さいお子様や、妊婦さんはこれに当てはまらないので、たとえ、梅雨時期であっても、マスクを持ち歩くのがベストだと思います。
一つ、良かったなぁと思えるのは、六十歳以上の方に免疫がある可能性が高いということ。

これが、老人ホームや、デイケアセンターで大発生したら、路頭に迷うご老人が大量に発生することになりますから。
いくら、この新型が形を変えて強くなっても、その高齢者は発症しにくいという部分だけは、変わらずにいて欲しいものです。

6月 12, 2009 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/45321512

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ フェーズ6:

» ラクトフェリンの素晴らしい働き トラックバック ラクトフェリンはてなブログ
ラクトフェリンと呼ばれるタンパク質は、細菌やウイルスなどの攻撃から体を守る働きがある事で知られており、子供を産んだばかりのお母さんの初乳に最も多く含まれています。ラクトフェリンはその他哺乳類の母乳にも多く含まれています。ラクトフェリンはお母さんの初乳100ml中約600mg含まれており、これは乳牛の10倍ほどの濃度だそうです。やはり人間の母乳が一番濃度が高いのですね。なぜ初乳にラクトフェリンが多く含まれていなけ... 続きを読む

受信: 2009/06/13 22:39:54

コメント

コメントを書く