« 韓国語講座 過去形 | トップページ | いただいちゃいました♪ »

2008/11/27

レッドクリフ PART1

正直、そんなに期待していなかったんです…

かなり面白かったです。この『レッドクリフ
期待をかなり上回る面白さでした。
続きが我慢できず、本でも読んでしまいそうな勢いですが、そこはグッと我慢して、来年の4月を待つ予定です・・・。

Redcliff_1

歴史は苦手分野です

恥ずかしいことを告白しますと、三国志ってほとんど知りません。
なので、歴史についてかなり恥ずかしいことを言うかもしれないですが、そこはお許し下さいませ。
この赤壁の戦いって、有名らしいですが、初耳です┐(´-`)┌
それに、この登場人物、唯一知ってるのは、諸葛孔明のみです(ノ∀`) アチャー
なんかね、巷では、三国志ってゲームから火が点いて、若者の間でもブームになってるとか。
読もうと思わなかったことも無いわけではないけれど、あのズラーーーーッとならんだ冊数を見ると、終わりが見えない気がして、どうも萎えてしまう・・・。

歴史に名を残すリーダーたちの勇ましさ

さて、映画ですが、やはり、三国志ですね。
それぞれの国を引っ張っているリーダーたちの思惑と駆け引きと戦略を、時には感心し、時にはドキドキしながら見ました。

中でも、貧しく、虐げられた民を思いやる劉備軍と孫権軍に、かなり肩入れして見ました。
貧しい民を守るために、戦いで勝つことよりも、敵に背を向けて逃げることを優先するなんて、そんなところに、グッときてしまうんですよね。
特に、このご時勢。
そうやって、信念を貫いて、固い意志で民をひっぱるリーダー達を見ると、国民の生活よりも、選挙の票数のことばかり計算して日和見な発言ばかりする政治家をつい思い出してしまい、切なくなってしまう。
まぁ、そんな政治家と、この三国志に出てくるリーダー達を比べること自体が、かなり失礼ですがヾ(_ _*)ハンセイ・・・

“香港の”ではなく、“世界の”ジョン・ウーですから

彼らを演じる俳優たちのキャスティングも豪華です。
中国・台湾・日本と、まさに、中国語圏と日本(だってエイベックスだし)の興行収入を意識したキャスティングではありますが、そのキャスティングができるのも、“ジョン・ウー”パワーと言えます。
中でも、やはりトニー・レオンでしょう。
笑顔一つ、眼差し一つに、奥行きを感じる俳優さんです。
心を許しているようで、どこかつかみどころが無く、ソフトな感じでありながら、隙が無い。

Redcliff_2

その演技は、周瑜のファーストシーンにもよく出ています。
笛を吹く少年の横に、音も無く現れる周瑜
彼は、一体、何をしにそこへ現れたのか、表情だけでは読み取れません。
しかし、それは、常に敵に囲まれる生活してきた者の習慣のようなもので、周りの人間に易々とその心情を悟られてはいけないのです。
そこから続く少年がらみのシーンだけで、彼はただの鬼ではなく、民を思いやると同時に、兵士たちの思いも同じように配慮する尊敬すべきリーダーであることが、しっかりと描かれています。

一見、無表情とも思える存在感そのものが、キャラクターと一体化しています。
この自然さは、トニー・レオンならではなんですよね。
相変わらず、素敵な俳優さんだなぁと思いました。

興味深いストーリーや俳優たちの演技に加え、定番の「白いハト」や「スローを効果的に使ったアクションシーン」に、ジョン・ウーらしさがちりばめられていて、そこもまた、私を楽しませてくれたアイテムの一つでした。

期待大です

PART2の予告編では、“火”がキーポイントの一つになっているとお見受けしました。
派手な爆破シーンも、ジョン・ウーの得意分野ですし、PART1では、登場シーンの少なかった、チャン・チェンの演技ももう少し見たいなぁ…という気分になりました。

PART2が見終わったら、ちゃんと三国志読んでみようかな (*´v゚*)ゞ
何せ、この時代と同じ頃、日本じゃ卑弥呼が誕生しているのか、していないのか、竪穴式住居に矢じりで生活している時代では??
(言いすぎ?)
あまりの歴史の深さに、驚くばかりなのですΣ(・ω・ノ)ノ!
PART2がスタートする前に、もう一回復習しておきたい気分です。

こんなに、歴史を知らない私でも、楽しめたレッドクリフ。
おススメの作品です。

レッドクリフ PART1 公式サイト

11月 27, 2008 映画-中国 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/43193252

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ PART1:

» レッドクリフ Part I トラックバック ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま....... 続きを読む

受信: 2008/11/27 20:30:22

コメント

コメントを書く