« 六本木で刀削麺 | トップページ | 行列発見!! »

2008/10/27

イーグル・アイ

★もうちょっと前になってしまうのですが、先週、この『イーグル・アイ 』を見てきました。
 途中までは、結構面白くて、ノリノリな感じで見ていたのですが、途中から面白さが失速して、最後には、なんだかちょっとシラケちゃいました( ´_ゝ`)フーン

Eagle_eye_2

★あるどこにでもいそうな男性、ジェリー(シャイア・ラブーフ)と、シングル・マザーのレイチェルの元に、見知らぬ女性アリアから電話がかかってきて、いろいろ命令された上、いつの間にか、あるテロに巻き込まれてしまうというお話です。

★設定がね、面白いなと思うのですよ。
 「逃げろ!さもないとFBIに逮捕される」とか、「伏せろ!」といわれた瞬間に、クレーン車のクレーンが頭の上すれすれをかすめるとかね。
 この先は、どんな展開になるだろう・・・なんて、ワクワクしながら見ていたワケですよ。
 が、アリアの正体を知ると、なんだか急に目が覚めてしまいました。


★なんか、リアリティ無いのよね。
 「おぉ、将来、こんな世の中になるかもぉ」という実感がない。

★“スピルバーグ からの警告”ってのが、この映画のキャッチになっていますが、スピルバーグ は、今回、ただのプロデューサーです。
 「監督最新作」と勘違いしないように。
 まぁ、スタッフとして関わっているワケだから、間違いではないけれども。
 警告と言えるほどのものも無く・・・。

★少しでもネタバレしてしまうと、この映画の面白さは全く無くなってしまうので、多くを語るのはやめておきますが、なんか・・・。「偉大なる税金の無駄遣い」って印象でした(ノ∀`) アチャー

★主役を演じるのは、最近、正に飛ぶ鳥を落とす勢いのシャイア・ラブーフです。
 特に、このところ、スピルバーグ に気に入られていまして、他の人が喉から手が出る程欲しがる地位にいます。
 ここ2~3年だけでも、 「ディスタービア 」、「トランスフォーマー 」、「インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 」と、かなり豪華な主演作。
 私なりに分析するに、隣のお兄ちゃん的な雰囲気がいいんじゃないかなと思います。
 特に、パニクる演技がいいのですよ。
 見てるほうが思わず一緒にパニクってしまう上手さがあるので、この「イーグル・アイ 」みたいな映画にはピッタリかなとも思います。

★なんか、一時期、スピルバーグ が、リチャード・ドレイファス をえらく気に入って、よく使っていた時に似ています。
 どうも、スピルバーグ は、イケメンの二枚目よりも、身近な2枚目半あたりを使うのが好きなようです。

★この映画で、もう一人挙げるとすれば、FBI捜査官役で登場する、ビリー・ボブ・ソーントン です。
 アンジェリーナ・ジョリー の元夫です。
 個人的に久々にビリー・ボブにお会いしたような気がするのですが(多分、私が見ていないだけだけど)、理解力があって、渋い捜査官でした。
 彼のラストシーンについては、「かっこつけすぎでしょ」と思うところもあり、恐らく、脚本に問題があるとは思うのですが、残念な部分もあったのですが、全体的に見て、やはりいい俳優だなぁと思いました。

★またしても、文句ばかり書いてしまったように思いますが、「『イーグル・アイ 」という名前どおり、最近のアメリカは、タカ派的思想が当然のようにはびこっていて、対外的に常に戦闘的になっているのを黙認するような世の中になっているけれども、国民が国に監視される前に、国民一人ひとりが、まず国の動きを監視しろというメッセージを感じることができます。

★だったら、もっと骨太に、そこを強く描くべきだったかなとも思います。

イーグル・アイ 公式サイト

10月 27, 2008 映画-ア行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/42924503

この記事へのトラックバック一覧です: イーグル・アイ:

» イーグル・アイ トラックバック ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 『それは、全てを見ている。』  コチラの「イーグル・アイ」は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮&シャイア・ラブーフ主演の「トランスフォーマー」コンビが再びタッグを組んだ10/18公開のサスペンス・アクション大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪ ...... 続きを読む

受信: 2008/10/27 23:34:03

コメント

コメントを書く