« 韓国語講座 -陽母音 陰母音 | トップページ | アイアンマン »

2008/10/16

ウォンテッド

★特に、「超みたいww」ってワケでもなかったのですが、アンジェリーナ・ジョリーが好きで、ジェームズ・マカヴォイも気になってたんで、見に行ってきました。
 「んーーーーーー。だから?」
って感じでした。

Wanted

★昔々の産業革命当時、世直しのために、選ばれた暗殺者を集めた秘密の地下組織「フラタニティ」が作られました。
 1000年の歴史を持つその組織が、現在も密かに世直しを行っているのですが、中から反逆者が生まれ、その反逆者の暗殺のために、昨日まで普通というより、どちらかといえば弱気なウェスリーが、フラタニティに入る“運命の男”として選ばれ、暗殺者としての教育を受けるのです。

★お話としては、なんだろう・・・、『マトリックス 』のようなものを目指したけれど、もっとダークなイメージのね、アクションばっかりがんばったばっかりに、ストーリーがあちこち破綻してしまって、かなり、強引に、無理やりに、ハリウッド得意のご都合主義になって、そのまま、入り込めないまま、スクリーンのこちら側で取り残されちゃった感じでした。

★荒唐無稽なら、荒唐無稽で、説得力があればいいのですが、なんとも説得力を感じない・・・。

★もしも生まれ変われるなら、アンジェリーナ・ジョリーになりたいと思うぐらい、アンジーが好きなんですよ。
 それは、ブラピのような素敵なパートナーが欲しい(*^.^*)というワケじゃなく、いや~、素敵ですけどね、そうじゃなくて、彼女がかもし出す雰囲気が好きなんですよ。

★まぁ、映画がコレと言って、特に引き込まれるところが無かったんで、(最近、多少のアクションにはビクともしない私です・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~)、このアンジー、どこがいいのかなぁと考えていたんですよ。
 でね、その問題について、解決した flair ことが一つ。
 アンジーという人は、自分に自信を持って、堂々としているんですよ。

★凡人みたいに、小さなことにウジウジしない。
 だからこそ、世界平和のために、恵まれない子供たちのために、自分の生活も犠牲にできるんだし、人、一人の生き方として、トータルにかっこいい。
 あぁ、胸をはって生きないとイカンなぁ~と彼女を見ていて思ったのです。

★気なる俳優、もう一人は、ジェームズ・マカヴォイです。
 彼は、キーラ・ナイトレイの映画『つぐない 』で見たときに「演技ができる新人が出てきた」と思ったのですが、新人どころか、本国イギリスでは大人気のようで、「英コスモポリタン誌が選ぶ世界一セクシーな男」の第6位に入っていました。
 ブラピの次で、ジャスティンと同位です。スゲーーーーw(゚o゚)w
 そんなに人気ものだったなんて、知らんかったっす。


★今回は、アンジーとモーガン・フリーマンという、2大巨頭に挟まれ、やはり、彼らに比べるとスターオーラがまだ出ていないため、印象的とは言いがたいですが、超弱気なのび太くんが、一人前の暗殺者に成長していく過程の見せ方は、やはり、いいもの持ってるなという才能を十分に見せておりました。
 アクションができるところも見せるところができたので、次が楽しみという期待値が高まりましたね。

★結構、ボロクソ言ってしまいましたが、荒唐無稽だろうがアクション至上主義!的な人にはいけると思います。

ウォンテッド 公式サイト

10月 16, 2008 映画-ア行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/42809348

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

» ウォンテッド トラックバック ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 『新次元へ―。』  コチラの「ウォンテッド」は、アンジェリーナ・ジョリー主演作としては、その後共演をきっかけにパートナーとなったブラピとの共演で話題を呼んだ「Mr.&Mrs.スミス」を超えてNo.1ヒット作となった9/20公開(13〜15先行上映)のR-15指定のアクション....... 続きを読む

受信: 2008/10/17 10:45:10

コメント

コメントを書く