« 幻影師 アイゼンハイム | トップページ | 韓国語講座 第6回 ~ですか? »

2008/06/17

長い長い殺人

★移動の電車の中で読む本が欲しいと思い、さらに、宮部みゆきだったら、のめり込みやすいし、読みやすいからとも思ったので、迷わずこの本を買いました。

★が、ちょっと残念でした。

★なんか、のめり込めなかったんですよね~。

★お話はある殺人からスタートして、それに関わる人達の群像劇が描かれてるのです。

★まぁ、それは宮部みゆきらしくて良かったのですが、その主人公たちが持つ“財布”の視点で描かれているんですよね。

★それを、面白いじゃんと思えればオッケーなんでしょうけど、私としては、なんか幼稚っぽいと思ってしまって・・・。
  それでも、後半からは、宮部みゆきらしい話の展開に乗ってきて一気に読んでしまったのですが、そこまでが、タイトルと同じく、「長い・・・」と思ってしまったのです。

★まぁ、それが狙いだったらいいのでしょうけど、まさか、そうではないでしょうし・・・。

★これ一冊で宮部みゆきに対する考え方が変わるわけではないので、それ以外の本をまた読んでみようと思います。

6月 17, 2008 読書 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/41563254

この記事へのトラックバック一覧です: 長い長い殺人:

コメント

コメントを書く