« フラワーアレンジメント 第2回 ラウンド かご | トップページ | 長い長い殺人 »

2008/06/16

幻影師 アイゼンハイム

★エドワード・ノートンという人は、この世界で最高級の俳優だと思っています。
 彼の作品は、どんな作品でも見たいのです。
 今年の夏には、
「ノートン、何を血迷った??」
と私の頭の中に?が満載の「超人ハルク」が来ますが、その前に、昨年アメリカで小規模ヒットしたこの映画が来ていたので、見てきました。

Illusionist

★今回のノートンは、身分違いの恋に悩むイリュージョニストを演じています。
まぁ、簡単に言えばメロドラマですよ。
彼の純愛を成就させるために、すべてのものを欺こうとする青年です。

★共演者も、仕事もプライベートも絶好調のジェシカ・ビールに、年々評価が高まるポール・ジアマッティと旬な組み合わせです。

★先ほども言いましたが、ノートンの演技は最高レベルです。
 この場合の最高レベルとは、どんな演技を言っているのか?と思うでしょう?
 それは、どんな役を演じても、普通の人には
 「これは地でやってるな」
 と思わせてしまう“自然さ”です。
 『真実の行方』の精神障害者風青年も、『ファイト・クラブ』の多重人格者も、『レッド・ドラゴン』のFBI捜査官も、その存在を忘れてしまいそうになるぐらい自然に入り込んでしまっています。
 個人的には、デ・ニーロと共演した『スコア』も好きです。

★今回も、彼の演技は完璧です。
 恋する青年であり、人の目を眩ますイリュージョニストでもありました。

★しかしですねぇ、何か物足りないんですよ。

★まず、ストーリーの展開が最後まで読めちゃいました。
 これは、半分宣伝部に罪があると思います。
 「最後にどんでん返しが待っている」
 みたいな売り方をしてはいけません。
 完全に最後まで読めちゃいました。

★ノートンの演技は完璧ながら、
 「これはほかの人でもやれる」
 と、思わせる役でした。
 “どんな役でも果敢にチャレンジしていこう”なんてレベルの俳優ではありません。
 彼本人は、人の意識を越えた、無意識の中でこっそりと裏をかくイリュージョニストも、ほとんどやったことがない本格的メロドラマもチャレンジしたかったに違いない。
 けれども、ノートンにはノートンにしかできないことをして欲しいと、つい思うのです。

★結局、“物語全体が観客の心を惑わすイリュージョン”であったはずが、そのタネがスクリーンのこちら側から全部お見通しでした・・・。
 という残念な映画だったのです。

幻影師 アイゼンハイム 公式サイト

6月 16, 2008 映画-カ行(アメリカ), 映画-合作・その他 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/41556130

この記事へのトラックバック一覧です: 幻影師 アイゼンハイム:

» 幻影師アイゼンハイム トラックバック ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステリ....... 続きを読む

受信: 2008/06/17 6:13:51

» 幻影師アイゼンハイム 2008-37 トラックバック 観たよ〜ん〜
「幻影師アイゼンハイム」を観てきました〜♪ 19世紀のウィーン、君主制の末期のこの時代、一人のイリュージョニストが一世を風靡していた。彼の名はアイゼンハイム(エドワード・ノートン)。或る日、アイゼンハイムは、幼馴染のソフィ(ジェシカ・ビール)が皇太子(ルーファス・シーウェル)と一緒に観に来ていることに気づく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、初恋のあの子に出会えるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願... 続きを読む

受信: 2008/07/06 22:52:29

» エドワード・ノートンの「幻影師アイゼンハイム」を観た! トラックバック とんとん・にっき
日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき... 続きを読む

受信: 2008/07/09 10:08:36

» 幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST トラックバック 銅版画制作の日々
 幻影師(Illusionist) 奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。 蛇足ながらこの言葉は哲学の文脈では、物資世界を幻影と考える者の意。 7月4日、新京極シネラリーべで鑑賞。この日が最終日ということで慌てて観に行きました。あのエドワード・ノートン主演ということで、ぜひ鑑賞したかった作品です。彼の作品は多分「ファイト・クラブ」(99)以来だと思います。そ... 続きを読む

受信: 2008/07/12 10:40:39

コメント

コメントを書く