« あんこう鍋 | トップページ | アメリカン・ギャングスター »

2008/02/05

インストール

★最近、マイ読書ブームが起きていますbook
 (絵文字を使えるようになったので、とりあえず使ってみました)
 これって、1年に何回かやってくる波です。
 家にある本を適当に手にとって無性に読みたくなるブームです。

★電車trainの中では、ほとんど寝ているのでsleepy、あまり読めないのですがcoldsweats01、入浴中とか、寝る前とかに読んでいます。

★綿矢りさのこのデビュー作を読みました。

★彼女が、この本を読んだのは若干17歳sign02だそう。
 いや~、ボキャブラリーの豊富さに驚きです。
 だからといって、難しい言葉がずらずらと並んでいるわけではなく、普段使っている言葉で、何気ないことを表現するのがすごく上手な人なんです。
 自分でも、ブログを書いていて思うのですが、すごく簡単な言葉で表現できる日常的なことをいざ書こうと思っても、なかなか言葉が出てこなかったりして、うまく表現できなかったり、間違った表現をしてしまったりするんですよね。

★本当に言葉を使うのが上手な人なんだと感心しながら読みました。

★ここに描かれているのは、女子高生の「特に理由もなく、学校行くのが嫌になってしまった精神状態」です。
 良く分かるのですよ。
 友達関係や家庭に学校schoolに行きたくない程の不満があるわけでもなく、勉強pencilしたくないというわけでもなく、「メンドクサイなぁ」ってただそれだけ。
 私も、よく(もう時効なんで)学校サボって映画movie見に行ったりしてましたから・・・coldsweats01
 で、そんな自分がどれだけ親にとって失望の対象になってるかってことに後で気付いて凹んだりするんですよ。
 この本の主人公朝子は、映画ではなく、小学生の男の子とチャットpcのテレクラ嬢をして、お金を稼ぐようになります。
 とっても突飛な発想のようだけど、とても自然な流れでそこにいたるのが、また、彼女の巧さを感じるのです。

★その中で、主人公の女子高生が、学校サボってばっかじゃいけないなぁと思うまでの描写がすごく気に入りましたgood

★とても読みやすい本なので、興味のある人にはオススメです。

2月 5, 2008 読書 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/40009569

この記事へのトラックバック一覧です: インストール:

コメント

コメントを書く