« 初詣 | トップページ | プロジェクト・ランウェイ3 NYデザイナーズバトル »

2008/01/05

カンナさん大成功です!

今年一本目の映画として、妹(のようなもの)と一緒に、この韓国映画『カンナさん大成功です!』をららぽーと横浜に見に行って来ました。

体重が100kg近いカンナさんが、大好きな人に「ブス」と陰口をたたかれることで心機一転、脂肪吸引と整形で、美人に生まれ変わる、でも・・・というロマンティックコメディです。

いや~、大爆笑のコメディです。
やはり韓国、体張って流血もんの笑いもあるし、美人至上主義的な部分に対する皮肉ありで、ゲラゲラ笑いっぱなしでした。

個人的に言えば、整形って全く興味が無いですが、この日本原作の“整形”についての映画が整形大好きの韓国で作られてるってのが面白いのですね。

「い~じゃん、い~じゃん、美しくなれるんだったら、どんどんやちゃえよ~」的なノリも感じます。

まぁ、結局のところ、男性は美しい女性が好き。
でも、実際に目の前に整形美人がいたら、戸惑ってしまうってことですね。

この整形美人に愛され、戸惑ってしまう二枚目をチュ・ジンモが演じています。
彼のドラマは見ていなかったので、随分久しぶりに見た気がします。
『MUSA』の時と同様に、なかなかいい男ですね。

今回もコメディ路線の中、最後まで硬派を貫いていました。
その硬派っぷりがステキでした。

主役の整形してしまうアイドルを演じたのは、キム・アジュンです。
彼女は初めて見ましたが、すごく歌の上手な女優さんなんですね。
歌手役にピッタリです。
ところが、歌を歌うのは今回初めてとのことで、すごくビックリです。

お話としては、結局、デブのブスでいるにしろ、整形美人でいるにしろ、見た目のコンプレックスは最後まで消えないってことなんです。

そのコンプレックスを消すためには、誰よりもまず、自分を愛して認めなさいってことなんですよねぇ。

デブのブスでいる自分も、体中整形だらけの自分も。

とは言いながら、結局整形を認めてしまっている訳で、私としては、整形美人よりも、食事制限とか、運動とかして、努力して美しくなろうとしている人の方がよっぽど健康的で美しいよなぁと、つくづく感じたのです。

1月 5, 2008 映画-韓国 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/17592047

この記事へのトラックバック一覧です: カンナさん大成功です!:

» 映画「カンナさん大成功です!」 トラックバック 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
柳原可奈子、背は低くて可愛いのに、いまも日々増量中らしい、テレビでお腹の脂肪を見せていたけど、あれはね・・さすがの彼女もビックリの返品女の物語・・・ 身長169cmにして体重95kg、カンナ(キム・アジュン)は声もいいし歌唱力もあるが、そのビジュアルゆえに表舞台には... 続きを読む

受信: 2008/01/06 11:35:40

コメント

コメントを書く