« 雨ニモマケズ~箱根旅行 1日目 | トップページ | アジアカップ 1位通過 »

2007/07/16

ちょっといい出来事 ~箱根旅行 2日目

1晩経てば、台風がそれるんじゃないか・・という甘い期待とは逆に、雨は止む気配もないまま2日目を迎えました。

7時に起きてというか、妹に起こされて、まずお風呂に入ってきました。
3回目のお風呂。
今回は内風呂です。
またしても、誰もいなくて、ほぼ貸切状態です。
朝は苦手なので、何も考えず、ぼんやりと外を眺めていましたが、強い風に竹林が荒れ狂っていました。

風呂から上がると、朝食です。

070716_1
ご飯に卵焼きに、アジの開きとお豆腐・・定番ですが、いいよねぇ。旅館の朝食って♪


070716_2
部屋から眺めた外の様子。
ちょっと分かりづらいですが、ザーザー雨が降っています。

9時半にチェックアウトをしました。
台風のために、なるべく早め早めに行動しようと思ったからです。
なんと、昨日は乗れた箱根登山鉄道も今日は運休していました。
旅館の方にアドバイスしていただき、強羅でタクシーを待ち、とりあえずタクシーで箱根湯本まで行くことにしました。

070716_3

雨の中の強羅駅です

070716_4

横殴りの雨に打たれる強羅のお土産屋さん

無事、タクシーに乗れるまで1時間ぐらい待ったと思います。

私たちは二人だったので、私たちの後ろに並んでいるお二人にお願いされ、相乗りをすることにしました。

これが、幸運を呼ぶ選択でした。

ご一緒させていただいたのは、70代のご婦人お二人です。

そのうちのお一人が、本当は箱根湯本駅までしか行っちゃいけないのに、運転手さんに小田原まで行くようにかなり強引にお願いしていただき、小田原までタクシーで行ける事になりました。

「でも、私たちあまりお金が無いので料金が心配なんですが・・いくら位かかるんでしょう・・」と言うと、「心配しなくていいわよ~」というお返事が・・・。
「ラッキー♪」と心の中でガッツポーズをする私。

小田原までの道中、いろいろなお話をさせていただきました。

お二人は、20代の頃に、結婚してからお知り合いになったお友達同士で、50年来のお付き合いになり、お二人でこうしてちょくちょくご旅行に行かれているそうです。

私たちも、妹が18歳、私が24歳の時に知り合い、それ以来、10年近くの付き合いになり、ちょくちょく一緒に出掛けたり、旅行をしたりしているので、「私たちみたいだね~」なんて話になりました。

すると、お一人の方が、
「女同士の友情は、片方が結婚したりして、ちょっと離れたりするときもあるけれど、常に謙虚な気持ちを持って連絡を取り合うことが大事。お友達は大事にしなさいね」
とおっしゃっていました。

私自身、多くの友人たちに助けられている人生を送っているので、そのご婦人のお言葉が痛いぐらい良く分かりました。

その方は、お嫁さんともとても友好的な関係を持たれているそうで、お孫さんに「とても嫁と姑の関係には見えない」と言われる程、仲が良いそうです。
「私たちも、そんなお家に嫁に行きたいね」なんて話していたら、「いらっしゃい。うちには25歳の孫がいるから」

えぇぇぇ(@@)ですよ。
その方、そんな大きなお孫さんがいるようには見えなかったのです。

その後も、小田原まで楽しいガールズトークが続きました。

小田原近くになり、私の地元について話すと、
「今年、クイーン・エリザベス2世号が来ていたでしょう?」
「えぇそうですねぇ」と私。
「私、一昨年、それに乗ってきたのよ。思い出のために、今年入港したQEⅡを見てきたののよ~」なんておっしゃるじゃないですか。

またしても、えぇぇぇぇぇぇ(@@)ですよ。
どんだけ金持ちなん。

お二人のお陰で、とても楽しい交流をすることができました。
着いてから、「お金はいいわよ」と言っていただいたのですが、「せめて、一人1000円だけでも払わせて下さい」とお願いして、1000円ずつお支払いしてきました。
小田原までは5000円かかり、箱根湯本までは3000円ぐらいかかりますので、それでも安いぐらいです。

最後に、
「今日のような助け合いの気持ちを忘れずに、お互い、学びながら人生を過ごしていきましょうね」
と、アドバイスを頂いてお別れしました。

台風で観光はできず、本当はとても行きたい美術館もあったので、残念だったのですが、お二人とタクシーに相乗りできて、とてもいい想い出ができました。
その頃は小田原、箱根湯本の間も電車が止まっていたので、小田原まで足を伸ばしたことで、電車を待ちくたびれることなく帰ることができ、とても助かりました。

本当は、心の奥底で、「相乗りなんて面倒」なんていう気持ちがあったのですが、それを払拭するようなこの出来事でした。
見知らぬ人と交流することを面倒がる私の悪いクセを叱られたような気持ちです。

この30分強のタクシー道中は、今回の旅の中で、心に残るあたたかい出来事でした。

7月 16, 2007 旅行・地域 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/15765219

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっといい出来事 ~箱根旅行 2日目:

コメント

コメントを書く