« デジャブ | トップページ | サイドテーブル作りました »

2007/04/14

ブラッド・ダイアモンド

ブラッド・ダイアモンド
昨日、2本目はこのディカプリオ主演作を見ました。
『デジャブ』ではウトウトしちゃったけどf^_^;これは、ガッツリ見たのです。
アフリカで採掘されたダイアモンドの利権争いについて描かれています。
ディカプリオは、アフリカ育ちのダイヤ密輸業者、ジェ二ファー・コネリーはダイヤの密輸について取材しているジャーナリスト、『イン・アメリカ』や『アミスタッド』にも出ていたジャイモン・フーンスーは、ダイヤの原石を見つけてしまった現地人をそれぞれ演じています。
実は、ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされたのは、『ディパーテッド』ではなく、この映画です。
確かに、彼は今までにない表情をこの映画で見せています。
「こんなに大人っぽかったっけ…(。。;)」なんて考えてしまうこともしばしばでした。
それより衝撃的だったのが、話の内容です。
一つのダイヤを取るのに、どれだけ多くの血が流されているのかがよくわかるように描かれています。
ダイヤの問題だけじゃなく、少年兵やHIV、武器の流入や内紛、薬物問題まで描かれていて、多少エンターテイメント色が強いところもあるけれど、アフリカの現実について考えさせられる仕上がりになっています。
個人に言うと、ダイヤには全く興味がなく、金属アレルギーにつき、指輪もできないので、ダイヤ不買運動には大賛成なのです。
どうせ、その価値も見分け方も分からないので、人工石のイミテーションで十分。
そんな金があったら、旅行にでも行きたいわ。
お話はそんな感じで生臭い感じがしますが、アフリカの景色が本当に美しい。
青い海と白い砂浜と深い緑の山々…。
治安さえ落ち着いた国だったら、是非行きたいなぁ…(´Д`)
と思わせる景色でした。
そんな、アフリカの今を知ってもらうために、多くの人が見るといいなぁと思う映画です。

4月 14, 2007 映画-ハ行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/14681494

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ダイアモンド:

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 トラックバック 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... 続きを読む

受信: 2007/04/15 11:41:45

コメント

コメントを書く