« 13階段 | トップページ | 取材@表参道 and アキバ »

2007/03/06

ようやく開通!のはずが・・

ちょっと3日間ほどブログを休んでいたのですが、その間、インターネット上で宙ぶらりんの状態でした・・。

それじゃぁちょっと分かりづらいね・・・。

順追って説明しますと、

この日曜日(4日)に「NT○の光ファイバー敷設工事」が決定していました。
その工事の依頼主は父で、私は、家族が通した光でインターネットが使えちゃうというありがたい企画でした。
そんな工事を前に、先週の木曜日(1日)、現在使っている@niftyの契約内容をADSLでのプロバイダ契約からADSLを切断し、メールとブログだけのサービスに変更しておき、準備万端でした。

ところが当日、
工事業者側で手違いがあったのです。

我が家は自営業を営んでいて、店舗のみの借家と住宅があります。
今回は、住宅の方の敷設工事だったので、父は業者が来るのを待っていました。
しかし、なかなか業者が現れないので、彼はちょっと用事を済ませるために借家の方へと出掛けていったらしいのです。
すると、そちらの方に業者は来ていて、勝手に敷設工事を始めていたそうです。
つまり、業者側にとって今回の敷設工事は、借家の方であり、父に電話をしてみたけれど留守なようなので、予定通り工事を始めていた・・。ようなのです。

その現場に居合わせた父は、
「そっちじゃなくて、工事は住宅の方だから、こっちをやって」と言ったところ、
「いや、そのためには、どこからどうやって光ファイバを入れるかとか、工程について準備をしなければいけないから今日はできません」
「工事まで2週間かかります」
「とりあえず、今日はこちらの借家の方の工事をして、2週間後に住宅の方の工事をしませんか・・」と言い出したらしいのです。

まず、NT○に発注状況を確認して、発注内容に間違いが無い(今回の工事は住宅側)ことを確認した父は、激怒し、「なら、もういいから、工事は中止にしてくれ。光ファイバ工事はしない」と言ったそうです。

私、生まれてから三十数年、ずっと父を見てきましたが、激怒するなんてことは数える程しかありません。
60歳を過ぎても積極的に光を通して、LANの設定までしようとしていた父は、私以上にいろいろと準備をして待っていたはずです。
そんな父が、業者の対応に激怒して、光開通を断念したのです・・。

その一報が私のところに入ってきたのは4日午後4時頃のことでした。
同じ住宅の方にいたのですが、父と私は違うところにいたので、その状況が全く読めていなかったのです。
「今回の光工事は無くなったから」と、言われました。
その瞬間、状況があまり飲み込めなかったのですが、どうやら、光ファイバーは私の部屋にしばらくつながらないということだけがなんとなく分かってきました。

ということは、私は明日からインターネットが使えないってこと・・??
即、PCに直行し、@niftyの電話番号を探しました。

そうです、前述の通り、数日前にADSLの契約を解除していたのです。

そこから、私の奮闘が始まります。
@niftyのフリーダイヤルに電話して、30分程つながるまで待った後、ようやくつながったとき、
「先日契約を解除してしまったのですが、光工事は今日、急に中止になったので、元に戻して欲しい」とお願いしました。

すると、@nifty側から
「そうしますと、再契約のお手続きをしていただきます」とのお答え・・。

「ということは、インターネットがつながるまで、しばらく時間がかかるということ・・?」
と聞くと、
@nifty「そうですね。2週間ほどかかります」
「困ったなぁ・・」
「今レンタルしているルーターもお返ししなくちゃいけないということ・・?」
@nifty「そうですね。そうなります」
「いや、それでは困るんです」
「仕事でインターネットを使っていまして、何とか、今のルーターをお借りしたまま、先日ご連絡した契約解除を無かったことにして、使い続ける訳にはいかないでしょうか・・」

とにかく、2週間もインターネットが使えなくなる訳にはいかないので、必死でした。

すると、
「できるかどうか確認してみますので、折り返しご連絡いたします」
と@niftyさんに言っていただき、1時間後ぐらいに電話が来ました。
@nifty「お仕事でお使いとのことですし、こちらから関係各所に連絡して、何とか使えるように手続きをとってみますが、その結果は明日以降になります」
「今回は、NT○のミスでこうなってしまったのです。Webデザイナーをしているんで、いつもつなぎっぱなしなんです・・」
「本当にワガママを言って申し訳ないですが、よろしくお願いします」
と、ひたすらお願いしました。
さらに、
「今までどおり、今使っているルーターでインターネットに接続できるという希望を持ってもいいですか?」
とお伺いしたところ、
「そうですね」
と、言っていただけたのが救いになりました。

日曜日は、その交渉だけでなんだかグッタリしてしまい、寝てしまいました。

月曜日は、両親も私に対し申し訳ないと思ったらしく、NT○から@niftyにADSL回線を切断しないように連絡しろというような電話をNT○にしていました。
それに関して、NT○から直接話を聞いたところ、
「個人情報保護法に抵触するので、電話番号やお客様の番号でNT○から他社プロバイダーにADSL回線の開設や切断のお願いをすることはできません。申し訳ありません」と丁寧にご説明していただきました。

そして、今日、@niftyから連絡があり、ADSLが今までどおり使えることが決定しました。
@niftyさん、本当にありがとうございました( ̄人 ̄)
無理なお願いをしちゃって、本当にごめんなさいm(_ _)m

業者の手違いに激怒して光を断念してしまった両親ですが、私自身も客商売をしていることもあり、選択を間違ったとは思わず、むしろ、それで正解だったと思っています。
今回は、@niftyさんに無理を言ってしまったので、この先は、しばらくADSL回線でがんばります。

そんな訳で、この3日間宙ぶらりんだった私も、紆余曲折を経て、このブログサービスを使えているのです。
日曜日以来、SMAPが出ているフレッツのCMを見ると、なんだかクスッと笑ってしまう私です(^m^)

3月 6, 2007 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/14162163

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく開通!のはずが・・:

コメント

toeさん、大変でしたね

光の工事って、結構大掛かりなので、工事の人が来たときにびっくりしました
電話の電源みたいなところを、チョチョイッと触って終わりかと思ったら・・・
何だか、天井みたいなところにまで人が入って、それも何人かいて。

数日間、toeさんの生命線である?インターネットができなかったとは、一大事でしたね

お父様、仕事をきちんとされる方なんでしょうね
私もなし崩し的な今回の業者さんには、ちょっと?でした
toe家の皆様、お疲れ様でしたm(__)m

投稿: 2乗 | 2007/03/07 0:01:52

2乗さん

ありがとうございます。
いや~、本当に業者のいいかげんさにビックリです。

そうなんです。
光って、電話線とは全く関係がないので、結構面倒なんですよね(ーー;)
私も、その面倒さを知っていて、現地調査に来ない業者に対してちょっと( ̄- ̄)?と思っていたんです。
私もプロなんだから、ちょっと忠告しておけば良かったと今更思います(ーー;)

>数日間、toeさんの生命線である?インターネットができなかったとは、一大事でしたね
いや、ところが、それは@niftyさんのご尽力のお陰で、つながらない日はありませんでした(^^;)
本当にありがたかったです。

投稿: toe | 2007/03/10 21:15:31

コメントを書く