« オシムの言葉 | トップページ | プリズン・ブレイク 第20話 »

2007/03/09

ドリームガールズ

ドリームガールズ
ドリームガールズを見ました。
ダイアナ・ロスがいたシュープリームスの裏話です。
さすがビヨンセ!で、歌が抜群に良いです。
モデルになったのがダイアナ・ロスなのですが、3人組でデビューして、断トツにスター性のあった主人公がプロデューサーと恋に落ち、必然的にスポットライトを浴びていく様は、デスチャでデビューして、プロデューサーと恋に落ち、ソロ活動が忙しくなると絶頂期にデスチャを解散したビヨンセ本人みたいじゃないか…と思い、なおかつ、そのデスチャの一人がエディ・マーフィの子供を妊娠してると大騒ぎになっているし…。
とっても下世話な見方してるかもしれないけれど、正に、虚構と現実の区別がつかないハリウッドそのものを描いた世界なのです。
そこまで描いたのなら、もっと金儲け至上主義ハリウッドに対する皮肉がもっとあってもいいなと思ったんだよね。
ブロードウェイオリジナル版では、顔はイマイチだけど歌が絶品だったエフィが主役だったらしいんだけど、ビヨンセがディーナをやることになって主役がシフトしたらしい。
それもまた、スター至上主義のハリウッドらしいお話で(-.-;)
そう聞くとオリジナル版を観たくなるね〜。
ラストの話をここでするのはルール違反だけど、歌の上手さに感動するけれど、話はできすぎで面白味のあまりないラストでありました。

3月 9, 2007 映画-タ行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/14205988

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームガールズ:

» 映画「ドリームガールズ」 トラックバック ホワイト・アロー
     ” DREAMGIRLS ”  良かったよ~! 2年間の防衛を果たした 続きを読む

受信: 2007/03/24 16:58:58

コメント

コメントを書く