« 春一番です | トップページ | もうすぐ春節です その弐 »

2007/02/15

CSI NY #7 再びの地、NY

夕食を食べながら、このドラマを見ました。

アメリカの警察にはいろいろと種類があって、難しいのですが、このCSIというのは、日本でいう鑑識にあたります。
FBIやCIAとは違い、市警に属します。
特殊部隊がSWATというのに似ています。

そのCSIが、現場に落ちていた証拠である、指紋や、DNA、時には糸くずなどを科学分析しながら事件を解決していく様を描いたのが、このCSIシリーズです。
シリーズと言いましたが、一番最初にできたCSIの舞台は、ラスベガスでした。
そのCSIは元祖であり、現在東京ではテレビ東京で地上波放送もされています。
そのCSIが大人気だったため、
・CSI マイアミ
・CSI NY
がスピンオフ(派生番組)として誕生したのです。
その仕掛け人は、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーで、『ザ・ロック』や、『アルマゲドン』のプロデューサーとして有名です。

アメリカで大人気というのも、なるほど、納得できます。
その化学分析が妙にリアルだし、また登場人物たちの描き方もすごくリアルで、時には怖いこともあるし、たまにハズレる(ドラマ的に)こともあります(^^;)
私、化学分析とか大好きなのですよ。
死体が怖くなかったら、こんな仕事をしたかったなぁと思います。
ただ、死体はダメです。
いくらなんでも、さすがの私でも、無理です。
興味がある人は、是非、見ることをオススメします。

私が、そのシリーズの中で一番好きなのは、『CSI:NY』です。
ニューヨークを舞台にしたこのCSIは、『アポロ13』などで有名なゲイリー・シニーズがチームリーダーを演じているのです。
彼の確かな演技も魅力だし、なんといってもNYの街並みは見ていてドキドキするんですよねぇ。

今日、夕食時にそのCSI:NYを見ました。

Csi_ny_7

しかも、そのCSI:NYは、CSI:マイアミと合同捜査を行った#7「再びの地、NY」です。
12月に先行放送していたのを今頃見たのです(^^;)

犯人を演じているのが、『24 シーズンⅢ』のチェイスだし、猟奇的殺人に、心理ゲームが混じっていてかなり凝った回でした。

これからは、しばらく、このCSI:NYを見ることになりますが、この先がとても楽しみです。

CSI WOWOW公式サイト

2月 15, 2007 TVドラマ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/13926368

この記事へのトラックバック一覧です: CSI NY #7 再びの地、NY:

コメント

コメントを書く