« FBI 失踪者を追え!2 第9話「14歳の手紙」 | トップページ | 横浜で食事&伊勢原家庭訪問 »

2006/10/09

通信教育

フリーで仕事をしていると、お仕事相手が、全くの素人さんだったりします。
もちろん、中にはかなりハイレベルの方もいらっしゃるのですが、ほとんどの方が、インターネット画面というのは、どのように出来ているのかあまりご存じないようです。

それは当然ですよね。
骨組み部分まで詳しかったら、ほとんど素人に毛の生えたような私に仕事の依頼をする必要もなく、ご自分で作ってしまうかもしれないし、もっと大手の事務所に本格的なサイトの制作を依頼するかもしれない。

しかし、その“インターネットの構成に関して全くの素人”という方は、Webサイト制作に対して、先入観が無いですから、発想が自由でアイディアの幅がとっても広いのです。
「こんなのはどう?」とか、「これできるかなぁ?」と何気なく言われたそのアイディアが、実はとてもハイレベル( ̄□ ̄;)だったりします。
そんな時、今まで、私にはとても不可能な技術レベルのものだったりすると、汗を拭き拭きf(^^;)、「それはちょっと難しくて、時間もかかりますので、こうしたらどうでしょう?」と自分の得意分野に引っ張ってきて、言い逃れしちゃったりしてました。

でも、逃げ続けるわけにはいかないのですね。
もっとレベルアップしなくちゃいけない時がやってきたのです。
ゆえに、スキルアップをしようと、いろんなスクールを検索してみたのですが、毎週同じ日の同じ時間に出掛けなきゃいけないような日程になってしまうのですね。

そうすると、仕事に支障がでてしまう可能性もあるし、自由に旅行にもいけないし(ーー;)、友達と食事にも行けない(ーー;;)
なので、私は、通信教育にチャレンジしてみることにしました。
「自由な時間に、自由に学べる」
ところが、この“自由”がとってもクセモノなんですね。
何せ「サボるのも自由」ですから。
しかも、私が選んだ通信教育は、試験と課題の連続なんです・・・(ーー;)

この土曜日に、その学習がスタートしました。
毎日1時間ほど机に向かえばナントカなる・・と思っていますが、どうなることやら。
いつか、その成果を皆さんにお見せできる日があることを信じてがんばりたいと思います。

10月 9, 2006 仕事のぼやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/12211530

この記事へのトラックバック一覧です: 通信教育:

コメント

コメントを書く