« オータム・イン・ニューヨーク | トップページ | ザスーラ ZATHURA »

2005/11/15

ダーク・ウォーター

『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を監督したブラジル人、ウォルター・サレスが、日本のホラー映画、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクした作品。
この『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見逃して大後悔してんだよね(ーー;)
早くみたいな。
そのサレス監督によるリメイクは、中田監督の作品よりもホラー色を薄く、より現実味のある作品を目指した作品を目指したかな~?dark_walter1


<STORY>
NYに住むダリア(ジェニファー・コネリー)は、夫(ダグレイ・スコット)と離婚調停中。
彼らの間にあるもっとも重要な問題は、一人娘・セシリア(アリエル・ゲイド)の親権。
しかし、現在はダリアがセシリアを引き取って一緒に暮らすことに。
NYのルーズベルト島に、その周辺で最も娘に適した学校を新聞記事から見つけたダリアは、その近所にある集合住宅に部屋を探しに行く。
お調子者の不動産業者・マレー(ジョン・C・ライリー)にそのアパートを紹介してもらう。
その塔の管理人・ヴェック(ピート・ポスルスウェイト)は、無愛想にダリアとセシリアを迎える。
マレーに紹介してもらった部屋は9階のf号室。
陰気で、いたるところ水漏れがするアパートをセシリアは嫌い、ダリアは不安を感じる。
しかしアパートを全て見終わったころ、突如セシリアが、「ここに住みたい」と言い出す。
家賃と教育の面からも、最もそこが適していると感じたダリアは即決してしまう。
しかし、彼女達がそのアパートに引っ越してからというもの、不思議なことばかり起こり始める・・・。
dark_walter2そうねぇ・・。
正直言って、日本のホラーはアジア人がリメイクした方が、良いものができるなぁという印象を受けた。
因縁や怨念は、アジア人の感覚から生まれるものだから。
ただし、この監督は、その因縁や怨念を薄めて人間ドラマを中心に現実味のある作品にした。
だから、『仄暗い水の底から』で使われた多くの人を怖がらせるためのトリック、例えば、顔の無い女の子や、エレベーターから溢れ出る大量の水、内側から音がする給水タンク・・。
それらは一切、ここには登場しない。
「より身近に感じられるスリラー」を目指して撮られた作品だった。

より身近に感じられるために、この映画は、“母であるダリアが抱える恐怖”を中心に描いている。
オープニングに登場する少女、彼女は母に捨てられた娘=ダリアである。
かつて10f に住んでいた少女・ナターシャを同じ少女が演じることによって、少女時代のダリアとナターシャをダブらせている。
彼女は、母に捨てられて30年以上経っても、その恐怖を捨てられず、また、セシリアに同じ思いをさせるのではないかと怯え、ナターシャの気持ちを誰よりも理解してしまう。
『仄暗い水の底から』と明らかに違うのは、その母・ダリアの過去を挿入した点にある。
前半、なんでシアトルにいる子が、NYに・・と混乱してしまう。dark_walter3
その混乱は、ダリアの混乱であり、監督の狙い。
ナターシャがダリアの過去を引き出して混乱させていることを意味している。
それと『仄暗い~』では、黒木瞳より娘の方がかなりつらい目に遭うけど、こちらの標的はダリアにしぼっている。
それも、大きな違いになっている。

“母娘の愛”の他にある、もう一つの見所は“うさん臭い登場人物たち”。
夫を演じるダグレイ・スコット、不動産業者のジョン・C・ライリー、管理人のピート・ポスルスウェイト、ダリア側弁護士のティム・ロス。
dark_walter4よくまぁ、いつアカデミー賞取ってもおかしくない俳優ばかりをこんなに集めたなぁと思いながら、彼らのうさん臭さを思い切り堪能する。
特に、ティム・ロスはえらく久しぶりだったで、すごくうれしかった。
ちょっとおっさん度が増してて残念だったけど(ーー;)
ただ、ピート・ポスルスウェイト演じるヴェックにもう少し魅力があっても良かったかなぁ・・と思わないこともないかなぁ。
これは元ネタを知らずに、彼らが次々と出てきたときには、この人・・いつか何かするんじゃないだろうか・・。
なんて、ドキドキしながら見ちゃうんでしょう。
元ネタ知ってしまうとそんな楽しみ方ができないので、残念。

が、元ネタを知っていて、先の展開を知っていても退屈しないで最後まで楽しめる。
それは、ジェニファー・コネリーの的確な演技と演出によるものでしょう。dark_walter5
彼女のくたびれ加減が、シングルマザーの匂いを出していたなぁ。
シングルマザーの寂しさも十分伝わってくるし。
ただし、彼女がとった行動が、本当に正しかったのか?という疑問は、元ネタを観たときにも感じたけど、今回もやはり同じように感じた。
誰よりもかわいそうなのは、セシリアだからね。
そのセシリアを守るために・・と言われてもねぇ・・。
ホラー色を薄めたために、あまり怖くなく、元ネタを知っているとやはり先の展開が読めてしまうし、母の行動にも疑問ありで、感動とまではいかない。

ホラーを観たい人には絶対にオススメしない。
が、『仄暗い・・』が怖くて観れなかったというホラーが苦手な人にはオススメ。
それと、ジェニファー・コネリーを見たいという人にも、オススメかな。

ダーク・ウォーター 公式サイト

11月 15, 2005 映画-タ行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/7126013

この記事へのトラックバック一覧です: ダーク・ウォーター:

» ダーク・ウォーター トラックバック 何を書くんだろー
「ダーク・ウォーター」 評価 ★★☆☆☆ 『あらすじ』  幼い日、雨の降る中で母親の迎えを待つ、5歳のダリア(ジェニファー・コネリー)。しかし、迎えに 来た母親は、ダリアに辛く当たる。母親との思い出が辛い思い出として、ダリアの心に残る。 ...... 続きを読む

受信: 2005/11/20 10:55:32

» 「ダーク・ウォーター」試写会にて トラックバック xina-shinのぷちシネマレビュー?
先日ファボーレ東宝で行われた、北日本放送(KNB)主催の試写会『ダーク・ウォーター』に行ってきました。 主演は「ジェニファー・コネリー」。最近では『ビューティフル・マインド』が有名ですが、私は未見です。彼女の作品は『ロケッティア』と『ラビリンス』ぐらいでアイドル時代の彼女しか知らず、思わず年取っちゃったな、と失礼なことを思ってしまいました。 『ダリア』は離婚後、愛娘『セシリア』と住むための部... 続きを読む

受信: 2005/11/20 11:24:28

» ダーク・ウォーター DARK WATER トラックバック travelyuu とらべるゆうめも MEMO
ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド主演 鈴木光司の仄暗い水の底からのリメイク ホラーと言うより心理スリラーの色が強い映画です ダリア(ジェニファー・コネリー)は離婚調停中で 娘セィシアの親権をめぐり父親と闘っている 夫は娘の住む所の環境が悪くなるとダリアの言い分を否定します ダリアはそんな事は無く自分で良い場所を探すと言い セシィアをとりあえず引き取る事になります ダリアは収入も無く、街から離れた小さく汚れた安いアパートしか 自分の条件にあてはまる物件がありません セィシアも最初はそ... 続きを読む

受信: 2005/11/20 12:59:30

» ダーク・ウォーター トラックバック ★☆★ Cinema Diary ★☆★
親子の愛に重点をおいたストーリーは良かった。声をあげて驚くような怖さはないけど精神的にくるものはあります。ラスト15分の展開はとにかく切なかったです。 続きを読む

受信: 2005/11/20 13:30:04

» ダーク・ウォーター トラックバック ネタバレ映画館
 またJ・ホラーのリメイクかいな・・・と、ナメてかかっていたら、エンディングを迎えたとき、仄かに涙が頬を伝わるのを感じた・・・もちろん黒き涙・・・(海賊盤撲滅!)  元々はホラー映画なのにウォルター・サレス監督の手にかかると、主人公ダリア(ジェニファー・コネリー)の泣ける悲劇へとジャンルを超越した映画となった。母娘の新居を中心としたルーズベルト島の暗い映像。天気はいつも雨模様。徹底し�... 続きを読む

受信: 2005/11/20 13:31:00

» 「ダーク・ウォーター」 トラックバック るるる的雑記帳
「ダーク・ウォーター」を観ました。 離婚調停中であるダリアは、親権を得るためには職と共に住居が必要とマンハッタンを離れてルーズベルト島へと引っ越しを決意。古びたアパートに案内され娘・セシーも最初は嫌がっていたが、なぜかそこを気ったらしく即決するも、天....... 続きを読む

受信: 2005/11/20 13:41:51

» 映画館「ダーク・ウォーター」 トラックバック ☆ 163の映画の感想 ☆
鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。 これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったで...... 続きを読む

受信: 2005/11/20 16:32:00

» ダーク・ウォーター トラックバック Akira's VOICE
悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・ 続きを読む

受信: 2005/11/20 17:55:03

» ダーク・ウォーター 試写会(よみうりホール) トラックバック MIHOのたわごと
ジェニファー・コネリー主演の「ダーク・ウォーター」試写会に行ってきました。 日本の「仄暗い水の底から」は、テレビで放送された時に観ただけなんですが 確か ゾワゾワと怖かったです。 じわじわと来て、ぐわっと来て、「そうか〜うーん」で終わるって感じかな。 あらすじ 離婚調停中のダリアは娘のセシリアとNYのルーズベルト島に夫の意見を無視して引っ越して来る。 その古びたアパートの天井にある黒いシ�... 続きを読む

受信: 2005/11/21 14:11:35

» ダーク・ウォーター トラックバック amapola
奇を衒わず、予告編やチラシなどで印象付けた「母と娘の愛情を丹念に描いた」ホラーというそのまんまの内容だった。 続きを読む

受信: 2005/11/21 14:37:38

» 映画 ダーク・ウオーター トラックバック つらつら日暮らし
ダーク・ウォーター 解説: 『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督がハリウッド進出第1作目に選んだのは、日本のホラー『仄暗い水の底から』のリメイク。徐々に恐怖のドン底に追い込まれて行くシングルマザーをオスカー女優、ジェニファー・コネリーが熱演。『シカゴ』のジョン・C・ライリーや『ブラス!』のピート・ポスルスウェイトらが脇を固め、物語にリアリティを与えている。日本版よりさらに... 続きを読む

受信: 2005/11/21 16:47:35

» ダーク・ウォーター トラックバック I am invincible !
公開中なので控えめに・・・ ダリア(ジェニファー・コネリー)はカイル(ダグレイ・スコット)と離婚調停中で、娘セシリア(アリエル・ゲイド)の親権を争っていた。 ダリアがセシリアを連れて引っ越した先はルーズベルト島の、都会とは目と鼻の先であり近所に良い学校があ..... 続きを読む

受信: 2005/11/21 19:04:27

» ダーク・ウォーター トラックバック 映画熱
日本版よりもこっちのほうがいいかも。 ジェニファー・コネリーが日本の女性に見えました。 「仄暗い水の底から」 では黒木瞳が演じたシングルマザーの役を、今回はジェニファー・コネリーが演じています。 彼女の名前を聞いて最初に思い出すのは、「ワンス・アポン・ア・... 続きを読む

受信: 2005/11/21 20:39:18

» 「ダーク・ウォーター」 トラックバック てんびんthe LIFE
「ダーク・ウォーター」 草月ホールで鑑賞 試写会では初草月ホールです。通いなれたこの場所。1週間に3回ぐらい通るんだなこの道。246じゃないですよ、脇道。だってねえ、ハッシーのおうちから150mくらいしか離れてない。あまり関係ないか。どうやら今週はホラー週になるかもしれません。先のことはわからないけど「ハリポタ」外れたので地味にいきます。鈴木光司さんの「仄暗い水の底から」が原作でハリウッドリメイク第3弾。日本で黒木瞳が主演したオリジナルは見ていないので比較はしません。全くの新作ということで。画... 続きを読む

受信: 2005/11/21 21:09:19

» 『ダーク・ウォーター』 トラックバック 闇に歌えば
原作も日本版も知りません ジャンル的にはホラーなんだが 怖さが伝わってこない 怨念の棲むアパートに引っ越してきたことから話が始まるわけだが 肝心の怨念がラスト間近まで姿を見せないのが原因の一つだろうか? 「見えない恐怖」というのもあるはずなのだが、見せ方が下手なのだと思う やはり日本の作品は日本人が造らないと駄目なのだろうか・・・... 続きを読む

受信: 2005/11/22 0:02:50

» ダ-ク・ウォ-タ- トラックバック 映画感想格納庫
●ダーク・ウォーター(DARK WATER)/105分 監督:ウォルター・サレス 出演:ジェニファー・コネリー/アリエル・ゲイド/ ティム・ロス/ピート・ポスルスウェイト/ ジョン・C・ライリー/ダグレイ・スコット/ パーラ・ヘイニー=ジャーディン 2005年アメリカ映画でござる。邦画『仄....... 続きを読む

受信: 2005/11/22 0:16:46

» 本日の戦利品 ダーク・ウォーター 試写状 トラックバック 懸賞で凌ぐ暫定無職女のブログ
出演:ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド     ティム・ロス、ジョン・C・ライリー、ピート・ポスルスウェイト     ダグレイ・スコット 今回もA氏のご好意により同行させてもらう。 原作:鈴木光司 「仄暗い水の底から」のリメイクである。 日本版の... 続きを読む

受信: 2005/11/22 1:13:07

» 「ダーク・ウォーター」やっと公開!でも謎だらけ!! トラックバック 新作映画ピンポイント情報
 「ダーク・ウォーター」(東宝東和)は、ジャパニーズ・ホラー「仄暗い水の底から」(02)のリメイク作品!日本版での黒木瞳 続きを読む

受信: 2005/11/22 9:01:21

» 映画:ダーク・ウォーター試写会 トラックバック 駒吉の日記
ダーク・ウォーター試写会@109シネマズ木場 J・ホラー鈴木 光司原作の 「仄暗い水の底から  」、中田秀夫監督・黒木瞳主演をハリウッドでリメイクした作品。(同バップ 仄暗い水の底から  ) 怖い映画は苦手なのでオリジナル版はみていませんし原作も読んでな... 続きを読む

受信: 2005/11/22 12:03:52

» 【ダーク・ウォーター】 トラックバック 映画deブログ
確かにホラーだけどホラーが好きな人には物足りない怖さのような? 心理的に怖いと思うことがありましたが怖がりの私でも観る事が出来るくらいのレベルです。 鈴木光司原作「仄暗い 続きを読む

受信: 2005/11/22 12:34:00

» ダーク・ウォーター・・・・・ジェニファー・コネリー トラックバック ぷち てんてん
今週は毎日映画館に通ってます(笑)今日は、ダーク・ウォーターを上映している映画館がレディースディ。いざいくぞ!!ところがね、今度こそ、私一人でした!ホラーを一人で見るって恐いですよね〜?^^;)☆ダーク・ウォーター☆(2005)ウォルター・サレス監督ジェニ...... 続きを読む

受信: 2005/11/22 19:35:48

» 『ダーク・ウォーター』、観ました。 トラックバック 肯定的映画評論室ココログ支店
 『ダーク・ウォーター』、映画館で観ました(ネタバレあり)。 離婚後、新たな人生を踏 続きを読む

受信: 2005/11/22 20:57:41

» ダーク・ウォーター トラックバック lip
原作となった日本映画「仄暗い水の底から」のハリウッドリ・メイク版。 ホラー映画というとどうしても「怖がらせる」とか「驚かせる」系が多いんだけれども、これはちょっとセンチにお涙頂戴系。怖いシーンはほとんどなくて(なくはない)、どちらかというとそれにまつわる人間関係を描いたヒューマンドラマという見方も出来る。まぁ、オリジナルの「仄暗い〜」を観た人なら特にその辺の解説はいらないでしょう。... 続きを読む

受信: 2005/11/22 20:58:41

» 「ダーク・ウォーター」「この胸いっぱいの愛を」 トラックバック 大吉。
<水曜日> 映画を観て来ました。ポイントが溜まっていたので、1本はただでしたよん{/onpu/} 「ダーク・ウォータ」 夫と離婚して6歳の娘セシーを育てようとするダリアは、ニューヨークの外れ「ルーズベルト島」の古いアパートに引っ越して来る。しかし、その部屋の天井には大きな染みがあって水が滴り始めた・・そして異変が起き始める・・。 Jホラーの「ほの暗い水の底から」のリメイクですが、ハリウ... 続きを読む

受信: 2005/11/22 22:13:44

» 映画「ダーク・ウォーター」 トラックバック しょうちゃんの映画観賞日記
公開当日劇場で観ました。中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」をハリウッドでリメイクした作品。「仄暗い水の底から」は観ていないで内容は知らないですが、監督がウォルター・サレスで、ジェニファー・コネリーが出演しているので観ました。公開当日なのに客数が全員で11名...... 続きを読む

受信: 2005/11/23 0:13:41

» 【 ダーク・ウォーター 】 トラックバック もじゃ映画メモメモ
『仄暗い水の底から』のハリウッドリメイク版。 ホラーだと思って観に行くと、肩透かしを食らいます。 話の大筋は『仄暗い~』と同じ。先の展開を知っていても飽きずに見れた。 アパートや周りの風景など薄暗く不気味な雰囲気がイイね。 主演のジェニファー・コ...... 続きを読む

受信: 2005/11/23 0:30:06

» ダークウォーター / darkwater トラックバック 我想一個人映画美的女人blog
あの、ホントに怖いジャパニーズホラー「リング」の原作者+監督 (鈴木光司+中田秀夫)の「仄暗い水の底から」のハリウッド版リメイクがこれ。 本当は夏に公開だったはずだけど、遅れてこの秋日本上陸!!試写にて観てきた〜。 11月12日、公開 ダークウォーター公式サイト 数年前に日本版を観た時には、「リング」のコンビだしどれだけ怖いのかワクワクしながら観たんだけど、全然怖くなくてがっかりしたっけ....。 今回監督した�... 続きを読む

受信: 2005/11/23 0:49:00

» 「ダーク・ウォーター」観賞 トラックバック Cafeアリス
今日は、火曜日がレディスディのシアターで、会社帰りに、 ダーク・ウォーター観賞しました。 最近は、ホラーとか観ていなかったのですが、リング、リング2とか 同じような作品かと思ってましたら、違いましたね。 ホラーですが、実際に怖いものは、ほとんど出ません...... 続きを読む

受信: 2005/11/23 0:56:29

» ダーク・ウォーター トラックバック まつさんの映画伝道師
第273回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「人間」が他の動物と違う点。そのひとつは「弔い」という考え方ではないだろうか。  死者を「弔う」という行為は太古から人間社会でなされてきた。日本の歴史の授業でも豪族が「古墳....... 続きを読む

受信: 2005/11/23 9:13:10

» FUN×3 1/2 トラックバック FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~
「仄暗い水の底には…切ない涙」 続きを読む

受信: 2005/11/23 11:39:59

» 「ダーク・ウォーター」 スゴイぞ!ハローキティ トラックバック 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
リメイク元となった「仄暗い水の底から」は、子供は愛しているけど諸事情で育児に疲れた母親を黒木瞳が好演、加えて昭和の住宅事情とその周辺、ムスメを理解できないいらだちを実体験から丹念に描きこんだ鈴木光司の原作、情に訴えかける和ホラー&おかっぱ最恐の中田秀夫監督の技が渾然一体となった傑作でしたが、この作品もスゴイ! それら全部を、ジェニファー・コネリーの眉間の苦労ジワひとつで表現しているようでした! このシ... 続きを読む

受信: 2005/11/23 19:15:04

» ダーク・ウォーター トラックバック CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>
「ザ・リング」「THE JUON」に続く、ジャパニーズ・ホラーのハリウッド・リメイク第3弾。とても日本的なオリジナルが、どう料理されてるのか。レイトで観てきた。 続きを読む

受信: 2005/11/24 0:23:47

» 『ダーク・ウォーター』 トラックバック ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
昨日、金曜ロードショーで『仄暗い水の底から』をやっていたので思わず観てしまいました。古いアパートに引っ越してきたシングルマザー:黒木瞳が、身の回りで次々と巻き起こる不気味な怪奇現象に悩まされる、というお話。公開当時は“泣けるホラー”という触れ込みでそこそ....... 続きを読む

受信: 2005/11/26 21:39:13

» ダーク・ウォーター トラックバック cococo
劇場には、やはり…誰もいなかった。たったひとりで、観るのか…。怖さ、倍増。。。 続きを読む

受信: 2005/11/27 12:11:34

» 試写会「ダーク・ウォーター」。 トラックバック 映画徒然日記。
本日は、仕事場の社長が会長に就任するという事で御祝儀を現ナマで(この辺りが、うちの社長の趣味の悪さを疑うよ…)貰った後は、歩いて会場へ!そう、今回は仕事場から徒歩10分の所にある会場だったのだ★で、座席チケットと交換した後は、近くのパスタ屋で軽い夕飯を取り....... 続きを読む

受信: 2005/11/27 12:58:35

» 『ダークウォーター』 主演:ジェニファー・コネリー トラックバック La.La.La
黒木瞳主演で映画化された鈴木光司原作の「仄暗い水の底から」 のハリウッドリメイク作品です。 主演はジェニファー・コネリーで黒木瞳さんのファンの方には申し訳な いけどめちゃくちゃ綺麗でした。 演技もすばらしく夫との親権争いにつかれアパートの不可思議な現 象振り回されながらも娘を思う気持ちをしっかり演じていました。 ストーリーはオリジナルと全く同じです。オリジナルファンの人には物足 りないという人もいるかもしれな... 続きを読む

受信: 2005/11/27 21:41:06

» ホラームービーだけど、テーマは「母の強い愛情」 トラックバック 人生はお伽話もしくは映画のよう
「ダーク・ウォーター」  19才の時に実家を出てから、かれこれ20年以上。その間に住んだ部屋は7カ所に及びます。家の方角や間取りなどこだわる人もいますが、いつも 続きを読む

受信: 2005/11/28 8:09:31

» ダーク・ウォーター トラックバック ハナ日和
2001年黒木瞳主演「仄暗い水の底から」のリメイク。見ました?わたしはTVで見ましたがあまり覚えていませんでした。ホラーとかあまり怖がる方ではないですw離婚調停中のジェニファー・コネリー登場のあと新しいアパート案内人(シカゴの)ジョン・C・ライリーアパート管理人に(ブラスの)ピート・ポスルスウェイト弁護士に(猿の惑星の)ティム・ロスティム・ロスはしばらくたってからわかったくらい... 続きを読む

受信: 2005/11/28 19:52:38

» 『ダーク・ウォーター』 (DARK WATER) トラックバック 眠れぬ夜の狸寝入り (goo)
観てきました。 今時のホラーとしては物足りないと思う人が多いんだろうなぁ。 ショック演出もあまり無いし。 今風の 「怖さ」 も無い。 多分、日本ではヒットしない。 けど、ゴシック・ゴースト・ストーリーとしては良く出来てると思う。 ジェニファー・コネリー が神経をすり減らしていく課程も丁寧に描いているし、脇の登場人物たちのキャラクタもしっかりしている。 古典の味わいを楽しむ幽霊譚なんだ�... 続きを読む

受信: 2005/11/30 15:49:57

» 『Dark Water』と『The Ring』と『The Ring Two』 トラックバック フィルム・アカデミア
修論で消息を絶って以来、ほぼ3ヵ月半ぶりの投稿となりますCorinです。えっ、誰??と思う方は、Profilesをご覧ください…。すみません…。 さてさて、つい先日『Dark Water』を見てきました。『Harry Potter and the Goblet of Fire』も同じ日に見たのですが、それはまた次の機会に。『Dark Water』、一見『The Ring』にそっくりなんですよね。原作が鈴木光司だし、両方ともいわゆるJ-Horrorのリメイクだからという理由は当然ありますが、それ... 続きを読む

受信: 2005/12/02 6:28:44

» 『仄暗い水の底から』の米国版リメイク『ダーク・ウォーター』 トラックバック Dead Movie Society★映画三昧★
やっとウチの幼い娘の調子が良くなったと思ったら、 今度は下の娘が目を真っ赤に充血させている……! なかなか二人揃って万全の体調にならない。 子供の不調は、それだけで親の精神状態に影響を与える。 でも一つだけ、安心できる材料もできた。 「食べたらすぐ吐く」とい... 続きを読む

受信: 2005/12/03 8:11:49

» 映画『ダーク・ウォーター』を観て トラックバック KINTYRE’SPARADISE
人気blogランキングへ原題:DarkWater公式HP上映時間:105分監督:ウォルター・サレス出演:ジェニファー・コネリー(ダリア)、アリエル・ゲイド(セシリア)、ジョン・C・ライリー(マレー)、ティム・ロス(プラッツァー)、ピート・ポスルスウエイト(ヴィーク)、ダグ...... 続きを読む

受信: 2005/12/03 23:10:07

» 『ダーク・ウォーター』、観ました。 トラックバック 肯定的映画評論室・新館
 『ダーク・ウォーター』、映画館で観ました(ネタバレあり)。離婚後、新たな人生を踏み出すため、ダリアは6歳の愛娘セシリアとともに、ニューヨークの外れのルーズベルト島のアパートに移り住むことになった。しかし、部屋の天井に広がる黒い染みや、階上から聞こえる足音に不安を感じたダリアは、次第に偏頭痛に悩まされ、悪夢を見るようになる‥‥。 『セントラル・ステーション』、『モーターサイ�... 続きを読む

受信: 2005/12/04 21:42:17

» 映画:「ダーク・ウォーター」の感想 トラックバック Mr.Ericの感じたままで
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。そのタイトルが表す様に、画面には常に水が沁みついていたかの映像 続きを読む

受信: 2005/12/08 0:02:06

» ダーク・ウォーター トラックバック いつか深夜特急に乗って
「ダーク・ウォーター」★★★★★(中劇3) 2004年アメリ 続きを読む

受信: 2006/02/08 20:58:34

コメント

 TBありがとうございますm(_ _)m

 たましょくの場合は、ホラーとジェニファー・
コネリーを求めて観賞したので、複雑な気分
でしたw

 親子愛を描いた見事な映画だと感じながら
も、ホラーとしての要素は、最小限だった気が
します。

投稿: たましょく | 2005/11/20 10:55:06

たましょくさん

あぁ~。そうですね~。
ホラーを求めてしまうと、ちょっとつらいですね~。
ジェニファー・コネリーのちょっとくたびれた感じは良かったと思います。

投稿: toe | 2005/11/20 13:05:57

TBありがとうございます
ホラーとして観に行くと肩透かしですが、
親子愛を描いた映画としては良作だと思います
子役が可愛かった(*^。^*)

投稿: 稚羽矢 | 2005/11/22 0:01:54

稚羽矢さん

確かに、あの女の子かわいかったですね~。
それに、母子映画としてみると良作だと私も思いました。
でも、どうも元ネタ知っていると先が読めてしまうので残念です。

投稿: toe | 2005/11/22 1:10:04

トラバありがとうございました。
そうですか。。。オリジナルを観たくなりました。今後とも宜しくお願いします。

投稿: さやか | 2005/11/22 1:11:31

TBありがとうございます。
怖いのが苦手な私には、夜思い出しても眠れなくならない、ほどよい映画でした~

オリジナルは怖そうで観れないです。。。

投稿: 駒吉 | 2005/11/22 12:05:55

こんばんは。

こちらの記事を読ませていただいて、オリジナルとの違いもわかりました~。

セシリアにはそれほどの被害がなかったのは、やっぱりアメリカでの映画のせいですよね。
その点、日本は、容赦ない?(笑)
しかし、私はホラーは苦手なので、たしかにこちらの映画で満足です~^^)
ただ、母親の選択は「他にうまく言いくるめられないかったのか」と思ってしまいましたが。

投稿: ぷちてん | 2005/11/22 19:40:02

>さやかさん

そうですね。
元ネタの方が、ホラー色が濃いですよ。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

>駒吉さん

この程度だったら、怖くないですよね~。
うーーん。
そうかも、ですね。
オリジナルだったら、眠れないかもですね。

>ぷちてんさん

アメリカは、子供が酷い目に遭うと、幼児虐待と言われてしまいそうですよね。
しかし、今までのホラー映画なんてひどいものでしたが・・。『エクソシスト』なんか・・(ーー;)
母親の選択がね~、どうもイマイチこの映画に入り込めない要因だったりするんですよね~。

投稿: toe | 2005/11/22 23:57:41

TBありがとうございます~♪
とっても詳しく書かれてて、試写会で観たくせに「あ!そうだった~♪」と勉強させて頂きました☆w ギャーッ!っていうホラーが苦手なのでとても良かったと思いましたヨ~♪
また遊びに来ますネ~ッ

投稿: | 2005/11/23 0:29:31

こんにちわ、TBさせて頂きました。
ホント恐い描写がかなり控えめでしたね。
ホラーだと思っていたので、アラッ?って感じでした。
でも、ジェニファー・コネリーがキレイなのでOKです。

投稿: もじゃ | 2005/11/23 0:41:16

>凛さん

えぇ~、ホントですか~?
なんか、誉められると照れます~(@@)
ありがとうございま~す。
これからも、是非、遊びに来てください。

>もじゃさん

控えめですよね~。
きっと、監督はホラーを描くつもりは無かったかも知れないですね。

投稿: toe | 2005/11/24 0:08:58

TBありがとうございました。
日本版は未見だったので、そう言う意味では楽しめた作品になってました。
もともと「Horror」=「恐怖」なので、いろんな意味で怖さは感じましたね!

投稿: purple in sato | 2005/11/24 23:38:06

purple in satoさん

そうですね~、日本版未見だと、かなり楽しめると思います~。
私も何も知らずに見たかった・・。かも。

投稿: toe | 2005/11/25 1:04:36

こんにちは。TBとコメントをありがとうございます。
そうか…『モーターサイクル…』の監督さんだったのですね。より、リアリズムを重視しているような印象でしたから。そういわれて納得です。暗い映画…ですが、カテゴリ的に観れば、「イイ線行ってる」と言えますね。全体のトーンに全く破綻がありませんから。怨念の少女をロシアンガールにしたのは、正解。アメリカンガールでは「陽」になっちゃうから。

投稿: あかん隊 | 2005/11/27 12:17:57

TBありがとうございます!
私はホラー好きの人間ですが、この作品は設定の土台がしっかりと描かれていたので、人間ドラマとしてだけでも充分楽しめましたね★
それから、ピート・ポスルスウェイトが何かしでかすんじゃないか…私もそう思いました!!!想定範囲内の行動しかしなくて、良かったような、残念なような…。

投稿: けい | 2005/11/27 18:09:21

>あかん隊さん

監督によって、こんなにカラーが変わるのか~!!という驚きはありますね。
先の展開を知っていたので、魅力が半減してしまいましたが、監督の次回作は楽しみにしたいと思います。

>けいさん

ピート・ポスルスウェイトには、どうしても良い人であって欲しい、悪役をやるなら、『ユージュアル・サスペクツ』ぐらいの感じで収めて欲しいと、勝手に思っていますからね、なんかして欲しいと思ってしまうのですよね~。

投稿: toe | 2005/11/28 0:23:48

TBありがとさんです。お返ししときます。
『仄暗い~』を観ていない私には結構面白かったですね。
元々ジェニファー・コネリーが好きだし。

反対に最近の和製ホラーってあまり好きじゃないし、黒木瞳も嫌いなのでオリジナルは観ないな、多分。。。

投稿: fujita | 2005/11/30 15:50:21

fujitaさん

TBありがとうございます。
やはり、そうですよね。
オリジナル知らないほうがコレは楽しめると思います。

投稿: toe | 2005/12/01 11:55:56

コメントを書く