« デイ・アフター・トゥモロー | トップページ | 恋愛適齢期 »

2005/11/06

ヴァン・ヘルシング

最近、私の中でプチヴァンパイアブームで・・。
まず、本はブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」を読んでいて、アニメはTBS土6の「BLOOD+」を見ている。
その吸血鬼ドラキュラの本の中に、このヴァン・ヘルシングが出てくるのよねぇ~。
で、昨年見逃して大変後悔したこの『ヴァン・ヘルシング』を見ることに。vanhelsing1


<STORY>
ヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)はヴァチカン市国の枢機卿の命の元、人間に害を及ぼすあらゆる怪物退治を行うハンター。
今回の命令は、ヨーロッパの東のはずれにあるトランシルバニアの田舎町にいるヴァンパイア退治。
その村を守ってきたアン王女(ケイト・ベッキンセール)と共に、ドラキュラ伯爵を抹殺するのが目的だ。
しかし、ドラキュラ伯爵は、今までヴァン・ヘルシングが闘ってきたどんな怪物よりも手ごわい相手だった・・・。

いや~、結構面白かったねぇ。
何よりも~、やっぱり~、ヒュー・ジャックマンかっこいいっすね~(*^-^*)ウフフ
これは、守って欲しい男でしょう~。
しかし、この映画をこれから見る人は、できれば何の情報も仕入れないで見て欲しい。

↓ネタバレ注意
まずですねぇ、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」に出てくるヴァン・ヘルシングは初老の教授でして、この映画とは設定からして違うのね。vanhelsing2でも~、吸血鬼は鏡に映らないとか、銀を嫌ったり、オオカミを使っているのは一緒。
あのドラキュラ伯爵のお屋敷なんか、本の通りの雰囲気が出ていて、ちょっと感動~。
この映画で面白いのは、ドラキュラ以外のモンスターが多数出演することね。
いきなりさぁ、フランケンシュタインが出てきて、「あら、その死に方はちょっと違うんじゃない・・」なんて思ったら、後でしっかり出てくるし、その後にハイドも出てくるしね。
ハイドは『リーグ・オブ・レジェンド』にも出ていたけど、随分人気者なんだねぇ。
で、そのフランケンシュタインとハイドが前座で盛り上げたところで、ドラキュラ伯爵登場ね。
この伯爵と三人の花嫁って設定も本のままよ。
もうそっからは、ジェットコースターね。
しかし、やっぱり、ヴァンパイアが飛び回る映像は、映画館で見たほうがいいよねぇ。
テレビだとどうも臨場感が足りない。残念。

途中、フランケンシュタインをローマに運ぶあたりで、そろそろ終わりかななんて、思ったら大間違い。
そっからまた話が展開、ヴァン・ヘルシングがウルヴァリンいや違った、ウルフマンになっちゃうじゃないの~。
私は、「やっぱりウルヴァリンじゃ~ん」なんて大喜び。
その上、フランケンシュタインは姫に恋しちゃって、「おぉ~やっぱりフランケンは恋をしなくちゃ~♪」なんてお約束に大喜び。vanhelsing3

でもねぇ、すごい残念なのが、ラストでCGアニメになっちゃうとこなんだよねぇ。
ま、毛並みもツヤツヤしてよくできたアニメでしたが・・・(ーー;)
アクション連発してて、最後がアニメになっちゃうのって冷めるんだよね・・。
それにアン王女はあんな風に殺さなくても良かったんじゃないの・・。
もしかしたら、続編を作るつもりであんな終わり方をしたのかなぁ・・。とも思うけど・・。
↑ネタバレ終了

前回の『アンダーワールド』でヴァンパイアだったケイト・ベッキンセールは、今回はヴァンパイアハンターに。
監督のスティーヴン・ソマーズは、『ハムナプトラ』でレイチェル・ワイズを使っていたけど、イギリス女優がお好き?
『アンダーワールド』じゃ、お嬢さん走りをして、育ちの良さを捨てきれなかったケイト・ベッキンセールがイマイチ心配だったんだけど、今回は王女でありながらヴァンパイア・ハンターなので、育ちが良くてOKだから、良かったかな。
でも~、個人的にはケイト・ベッキンセールには、あまりアクションをやって欲しくないかなぁ・・・。

まぁ、なんてたってかっこいいのは、ヒュー・ジャックマンよ。
が、ロン毛よりもショートの方がステキだなぁ・・。
次に会えるのは、ウルヴァリンかな??それとも、ウディ・アレンの映画かな?
ブロードウェイに出ているとも聞いたけど。
やはり、『恋する遺伝子』とか『ソード・フィッシュ』みたいな現代モノに出て欲しいなぁ・・と思いながら、今日のヒュー・ジャックマンを見てた。


そうだなぁ、怪物が出てくるようなアクション映画が嫌いな人にはオススメしません。
が、ヴァンパイアものが好きな人にはオススメです。

ヴァン・ヘルシング 公式サイト (US)

11月 6, 2005 映画-ア行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/6918852

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァン・ヘルシング:

» 『ヴァン・ヘルシング』を観た トラックバック TV視聴室
私はスティーブン・ソマーズ監督の『ハムナプトラ』シリーズを高く評価しているが、残念ながらこの作品はかなり期待はずれ。 続きを読む

受信: 2005/11/07 10:05:21

» ヴァン・ヘルシング トラックバック 八ちゃんの日常空間
ユニバーサルの歴代3大モンスターが出てくるちょっと変わったドラキュラ退治物語。ヘルシング教授が、ローマ法王の元で働くモンスターハンターとして登場するが、実はヘルシングが吸血鬼になる前のドラキュラを倒したガブリエルだった、という設定。 最初に映画館で観たと...... 続きを読む

受信: 2006/01/10 22:37:01

コメント

こんにちは~
ヴァンパイアにいちじるしく(笑)反応しちゃってコメントのこしますね~
『ヴァン・ヘルシング』は設定いいと思ったけど、ラストのアニメが猫もダメっぽかったです
なんかあ、あれ?って感じでスコーーンっと抜けちゃいました(笑)
『フライト・ナイト』ってご存知ですか?
猫はヴァンパイアもので、この映画も結構好きなんですよね~
ちょっと青春ものぽくもありますが(笑)
(出演者がティーンエイジャーだったから)

投稿: にゃんこ | 2005/11/06 20:44:25

にゃんこさん、こんにちは。

そうですよねぇ。
あそこなんでCGアニメにしちゃったんでしょうか~。
急に冷めました・・。
『ロスト・ボーイ』は知っていますが、『フライトナイト』は知りませんでした。
是非、ヴァンパイアブームの今のうちに(笑)見てみたいと思います~。

投稿: toe | 2005/11/07 1:17:36

コメントを書く