« 親切なクムジャさん | トップページ | トスカーナの休日 »

2005/11/25

ブレイキング・ニュース

昨日、九段会館で行われた試写会に行ってきた。
気付いてみると、今週劇場で観た新作映画4本が、日本2本、韓国1本、そしてこの香港1本と、すべてアジア映画だったんだよね~。
別にアジアを狙ってそうなった訳ではないので、今、アジアって元気なんだね~。
しかもね、この香港映画、すごく面白いのです~。
12月3日から、劇場公開のようなので、是非ご覧になって下さいませ~。breaking_news1

<STORY>
ある強盗団のアジトを見つけ、張り込み中の刑事たち。
リーダーのチョン警部補(ニック・チョン)は、慎重に現場を指揮し、逮捕まであとわずかというその瞬間に、何も知らずにパトロール中だった警官二人が強盗団に職務質問をし始めてしまう。
警官に車の中身を見られた強盗団は、その場で警官を射殺。
その瞬間、張り込みをしていた刑事たちと強盗団の銃撃戦が始まった。
強盗団のリーダー・ユアン(リッチー・レン)は、重装備で刑事に立ち向かい、乗り付けた仲間の救急車でその場を去る。
強盗団に車を破壊された刑事たちは、足で追いかけ、他の事件で人だかりがしている路地で彼らの救急車を見つける。
そこには、大勢のマスコミたちが事故の取材をしていた。
にも関わらず、そこでまたしても銃撃戦がはじまり、マスコミの目の前で警官が殉職。
被害者を出した上、強盗団に逃げられてしまった警察だったが、本部犯罪組織課のレベッカ(ケーリー・チャン)は、偶然目撃者となったマスコミを利用してショーのように視聴者に見せることを提案。
現場では、刑事たちが強盗団のアジトを探していた。

これはですねぇ、警察 vs. 犯罪組織 を描いたアクション映画なのだけど、香港名物のワイヤーは一切なし。
何がいいってねぇ、まず、テンポが良い。
91分という短さの中で、いろんなことをあっという間に見せちゃう。
ストーリーはすごく簡単。
犯罪者がいて、それを追う警官がいる。
ただそれだけ。
それさえ分かれば、十分楽しめる。
ただし!それだけじゃぁない。
そこにねぇ、いろんな伏線が絡み合ってくるの。
現場 vs.エリート (香港版『踊る大走査線』だって・・)、警察による情報操作、インターネットによる情報の氾濫・・etc・・。
その絡み方がまた、見事なんだよね~。

breaking_news2ストーリーもいいけど、映像もいい。
この映画の全ての元となる犯罪現場の銃撃戦がすごくリアル。
臨場感があって、躍動的。
見ててドキドキしちゃう。

また、登場人物のキャラもいい。
特に、強盗団グループのリーダー・ユアン。
最初は、血も涙も無い鬼のような奴なんだけど、時が経つにつれ、彼の本当の人間性が出てくる。
特に、仲間に対し料理をするときの笑顔がすごく印象的で、「この人、もしや良い人では・・」と、錯覚しちゃう。
このユアンを演じてるリッチー・レン。
『星願/あなたにもういちど』の人なんだってね~。
何度見ても信じられない・・(ーー;)

現場でユアンを追いかけるチョン警部補。
彼がねぇ、すごくいいんだよねぇ~。
七転び八起きのダイ・ハードな男で、どこへ行っても追いかけてくる。
頭がキレる上に、爽やか。
かなり、良い味出してるね~。
彼は、初めて見たなら~。今後が楽しみね。

そして、警察エリートのレベッカ。
この女が、嫌な奴で・・(^^;)
女らしい優しさを一切持たず、人の死さえも彼女にとっては利用する材料。
その冷たさはどうにかならないか・・と思うのだけど、ま、それがケリー・チャンらしくていいのかな。
ま、上層部がクールだったからこそ、現場の熱さが際立ったわけで。
その対照的な描き方が、わざとらしくなく、うまくはまってるね。

番外編として、一つ特徴的なのは、“食べもの”。
実は、この映画では食べ物が重要な位置を占めている。
本当に良く食べるよね。
正に 「 腹が減っては戦はできぬ 」 でございます。
チョン警部補が焼き芋をほおばりながら、部下(この人、痩せた鶴瓶師匠みたい・・)に携帯電話を探せているときなんて・・、「そこまでして食うか・・・(ーー;)」と突っ込みたくなるよね。
しかしみなさん、本当においしそうに食べるので食べ物にも注目ね ( ̄- ̄)b

まぁ、時には、そんなに簡単に情報操作されちゃうのか・・?
と疑ってしまうところもあるけれど、香港の事情は良く分からないし。
なんか、そんなことあってもおかしくないなぁとも思う。
しかし、人はテレビの情報に対し、非常に能動的になっていることは確か。
テレビで流れていることは、なんでも本当だと信じてしまうことはあるよね。
アクション映画でありながら、そんなことまで考えてしまうこの作品。

銃撃戦苦手な人には絶対オススメしませんが、それ以外の人には、オススメの一本。

ブレイキング・ニュース 公式サイト

11月 25, 2005 映画-香港 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/7315915

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイキング・ニュース:

» ブレイキング・ニュース in国際映画祭 トラックバック メルブロ
ブレイキング・ニュース(中国) 上映時間91分 監督ジョニー・トゥ 出演ケリー・チャン リッチー・レン   ストーリー:強盗団と警察の大抗争を軸に、警察のメディア操作を痛烈に皮肉る作品。  ケリー・チャンのファンなので見た。やはりいいです。今回はできる女....... 続きを読む

受信: 2005/11/26 13:29:41

» 『ブレイキング・ニュース』 トラックバック ラムの大通り
----ジョニ−・トー、今年日本に来るの2本目だね。 あまり相性がよくなかったんじゃなかったっけ。 「うん。そのはずだったんだけどね。 この映画はいい意味で裏切ってくれた。 カンヌ国際映画祭のワールドプレミアでも 10分間のスタンディング・オベイションが続いたと言うけど、 それも分かるな。 クレーン撮影を駆使した冒頭7分間に及ぶ ワンカット・ワンシーンの銃撃戦だけでも、 もうお腹いっぱいだ」 ----それっ�... 続きを読む

受信: 2005/11/27 19:20:27

» **大事件 Breaking News ネタバレあり** トラックバック 日刊【考える葦】Returns
香港からアッチ盤を取り寄せました。もちろん日本語字幕はありませんが、英語字幕を頼りに3回ほど見てようやく大体の内容を把握しました。やっぱり、学生時代にもっと勉強しとけば・・・(以下略)。まあ、内容が内容だけに(専門用語等はなし)理解できましたが。それより..... 続きを読む

受信: 2005/11/29 20:37:52

» 『ブレイキング・ニュース』長回し7分! トラックバック シネマのしたため
今日は『ブレイキング・ニュース』の試写でした☆ 新通さん、どうもありがとうございます〜。 ある日、香港の市街地で銃撃戦が繰り広げられた。 一方は銀行強盗を企てる5人組、もう一方は彼らを追う警察。 警察は強盗団のアジトを見つけ、捕獲する一歩手前だった...... 続きを読む

受信: 2005/11/30 6:08:39

» 「ブレイキング・ニュース」何の事件かわからんけど、オモロイ! トラックバック 新作映画ピンポイント情報
(電話男の動画アリ!文末画面の再生ボタンをクリック!!)  「ブレイキング・ニュース」(タキコーポレーション)は、大胆な 続きを読む

受信: 2005/12/02 23:15:57

» [ ブレイキング・ニュース ]冒頭から釘づけ トラックバック アロハ坊主の日がな一日
[ ブレイキング・ニュース BREAKING NEWS ]@渋谷で鑑賞。 エンターテイメントやサスペンスムービーは、漫才やコン トなどのお笑いに似ている。つかみがよければ、途中に少 々のアラがあっても、勢いで観客はラストまで楽しんでみ てくれるものだ。お笑いなら笑える空気、映画ならゾクゾ クする雰囲気が作れるかどうかだ。 ... 続きを読む

受信: 2005/12/09 23:38:39

» ブレイキング・ニュース トラックバック Movies!!
ケリー・チャン、リッチー・レン、ニック・チョン、ラム・シュー、ユウ・ヨン、ホイ・シウホン出演。ジョニー・トウ監督作品。 ある朝、香港の市街地で銀行強盗団と彼らのアジトを見つけた警察との銃撃戦が発生。激しい攻防戦が続くなか犯人に銃を向けられた一人の警官が両手を挙げて命乞いをしてしまう。偶然にも、その瞬間を現場に居合わせたTVカメラマンが捉えていた。さらに、CID(重犯罪特捜班)のチョン警部補(ニック・�... 続きを読む

受信: 2005/12/11 14:42:22

» 大事件「ブレイキング・ニュース」、テレビでニュースでも見る? トラックバック cococo
渋谷の「ユーロスペース」移転の後、「シアターN渋谷」として再出発した劇場へ。 ユ 続きを読む

受信: 2005/12/16 1:59:04

» ブレイキング・ニュース トラックバック 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
先月半ばまでユーロスペースがあった場所にできたシアターN渋谷に行ってきました。ユーロスペース時代と大きく変わってはいませんでしたが、ロビーのカウンターの位置や雰囲気は、以前より、少しすっきりした感じがしました。 オープニング作品の一つ、ブレイキング・ニュースを... 続きを読む

受信: 2005/12/17 1:36:05

» 『ブレイキング・ニュース 』を観てきました トラックバック やっぱり邦画好き…
ジョニー・トー監督の「ブレイキング・ニュース 」を観てきました。前回同じ監督の「イエスタデイ・ワンスモア 」を観た時にも思ったのですが、この監督の作る映画、結構ラフなんだなと今回、観て確信しました(笑) お話は、ある朝、香港の市街地で銀行強盗団と警察との壮絶... 続きを読む

受信: 2005/12/18 20:33:13

» 『ブレイキング・ニュース』 トラックバック Rabiovsky計画
『ブレイキング・ニュース』公式サイト ブレイキング・ニュース - 映画作品紹介 監督:ジョニー・トー 脚本:チャン・ヒンカイ 、イップ・ティンシン 出演:ケリー・チャン 、リッチー・レン 、ニック・チョン 、    ラム・シュー 、ユウ・ヨン 2004....... 続きを読む

受信: 2006/01/05 17:30:50

» ブレイキング・ニュース トラックバック any's cinediary
メディアを操作せよ 人質は視聴者 <ストーリー>ある朝、香港の市街地で、銀行強 続きを読む

受信: 2006/01/09 23:42:39

» ブレイキング・ニュース(大事件) トラックバック 龍眼日記 Longan Diary
待ちました、ええホントに長い間公開を待ちわびました。 このポスターを見ただけでイメージがかきたてられて観たくて観たくて。 東京は12月に公開なのに関西はなぜ1月? 関東と関西じゃ今年のベスト10に入れようとしても年が違っちゃうんだよ!? という怒りも沸いた。 失った市民の信頼を取り戻すため、副総監のウォン(サイモン・ヤム:任達華)は OCTB(組織犯罪課)の新任指揮官レベッカ(ケリー・チャン:陳慧琳)が 発案した大胆なメディア戦略を採用。 それはPTU(機動部隊)にワイヤレス... 続きを読む

受信: 2006/01/11 14:14:45

» 『ブレイキング・ニュース』(’04 香港) トラックバック よんふぁ広場2〜HONDOのつぶやき〜
f:id:hondo-lee24:20060115145800j:image 本日は、某劇場の業務試写会で観たこの香港アクション作品を。 ある日、香港警察のチョン警部補(ニック・チョン)は、大陸からやってきたユアン(リッチー・レン)率いる強盗団のアジトを発見するが、激しい銃撃戦の末、彼らを取り逃がしてしまう。警察に対する信用失墜の声が叫ばれる中、組織犯罪課の新任指揮官であるレベッカ(ケリー・チャン)は、犯人逮捕までの全てをマスコミを通じてテレビで流すという大胆な作戦に出るのであった。犯人逮捕に執... 続きを読む

受信: 2006/01/16 18:26:20

» オトコの条件?「ブレイキング・ニュース」 トラックバック 凛大姐&小姐的極楽日記!
みほ副会長が、 「リッチー・レン、一重まぶたライブラリーに追加{/face_zzz/}」 と書かれていましたが、副会長、ストライクゾーンがひろいですしね。 (ヒドイじゃありません、・・・広いです。{/face_ase2/}) 私とは、滅多に趣味がかぶりませんしね。 (レオン・ライが一重か二重か思い出せませんよ{/namida/}) その点は全然期待せずに行きました。 でも・・・。 リッチー・レン・・・カ�... 続きを読む

受信: 2006/01/18 17:56:44

コメント

toeさん、こんにちは!
試写会で観られたのですね。うらやまし~。
そしてオススメなんですね。期待できそう!
私が今一番楽しみにしている映画です。
でもでも私が住む関西圏では公開が年明けなんですな、コレが・・・。
この「時差」にはホント、いつも泣かされます。

投稿: sabunori | 2005/11/27 7:30:44

>sabunoriさん

面白いですよ~。
オススメです。

が、是非、先入観無しで観てください。
何も知らずに観た方が面白いと思います。

投稿: toe | 2005/11/27 13:53:38

こんばんは。いつもありがとうございます。
犯人も、異常者ではなくて、なんとなく「人生の選択を間違えた」ような雰囲気が、切なかったです。ケリー・チャンの役も、なぜ、ああまでドライか、という理由が、事務所で迫ってくる上司の雰囲気に、かすかな「疑惑」というか「原因」がありそうで、自分は、好意的にみました。チョン警部補の指示無視に対しても、さほどかりかりしてなかったように思えましたから。とにかく、すごく気に入りました!

投稿: あかん隊 | 2005/12/16 2:01:35

>あかん隊さん

ケリー・チャンって元々、クールに見えるタイプだから、余計冷たく見えちゃったのかもしれません。

私も、すごく楽しかったです。

投稿: toe | 2005/12/17 23:41:27

toeさん、こんにちは。
TBさせていただきました。
公開を待ちわびている間にとんでもなく期待が大きくなってしまったみたいです、私。
toeさんのおっしゃっている通り、ストーリーよりも映像にひかれました。
そしてあのお昼ご飯シーン。
中国人たるものやはり食事は大切です。
あの見事な包丁さばきと分業の手際のよさには思わず感心しました。

それにしてもチョン警部補、「ダイ・ハード」でしたねぇ。
車に跳ね飛ばされても犯人を追いかける!

投稿: sabunori | 2006/01/11 14:21:46

>sabunoriさん

あぁ、期待しすぎるとちょっと・・・かもですね。
しかし、映像はすごく楽しめると思います。

食事に注目してみるとすごく面白いですよね。
中国人の食文化が伝わってきました。

「ダイ・ハード」ですよねぇ。
どんな状況にあっても死なないのは、ハリウッドスター並みですね(笑)

投稿: toe | 2006/01/12 1:47:32

こんばんは!
リッチー・レンも、ニック・チョンもヨカッタですね!
リッチー・レンと仲良くなる殺し屋のオジさん、
誰だっけなあ・・・と思ってたら、「龍城恋歌」のオジさんですね!
今回も渋い役どころでした。
おなかが減ったくらいで、キレるオトコって、イヤですよね・・・。

投稿: RIN | 2006/01/18 18:13:45

>RINさん

こんにちは。

『龍城恋歌』知らないです~(^^;)
ちょっと観たくなりました。
>おなかが減ったくらいで、キレるオトコって、イヤですよね・・・。

嫌ですね~。
食いすぎだよッって怒りたくなるぐらい食べる男性が好きです。

投稿: toe | 2006/01/19 0:37:02

コメントを書く