« 理想の女(ひと) | トップページ | ドア・イン・ザ・フロア »

2005/11/09

旅するジーンズと16歳の夏

この映画が、今年の夏にアメリカでヒットしていた時、ティーンアイドルが出ているよくあるタイプのひと夏の物語映画だと思ってあまり気にしなかった。sisterhood
ところが、この映画が日本にやってきて、TBSの「王様のブランチ」で紹介されているのを見たとき、それは私の勝手な先入観だったことに気付き、それだけじゃなく、すごく観たくなったので恵比寿まで観に行ってきた。
で、その結果、あぁ観て良かった~♪と思う映画だった。


<STORY>
ブリジット、リーナ、ティビー、カルメンは、家がお互い近所同士で小さい頃からまるで姉妹のように暮らしてきた。
16歳になった夏休み、旅行や合宿でバラバラに過ごすことになった。
その休暇に向けて買い物をしているとき、洋服屋で見つけた一本のジーンズ。
背丈も体型も違う四人なのに、なぜか全員にぴったり合うジーンズだった。
そんなことがあるはずもなく、そのジーンズを魔法のジーンズと呼び、1週間ずつ交代で着ることにした。
1番最初は、ギリシャにいる祖父母を訪ねるリーナ。
彼女は、内気でお堅いイメージを破りたいと思っているが、殻を破ることができずに悩んでいる。
2番目は、唯一地元のメリーランドで夏休みを過ごすことになったティビー。
人間の行動に興味がある彼女は、夏休み中にドキュメンタリー映画を撮影することを計画。
sisterhood43番目は、サウスカロライナにいる離婚した父を訪ねるカルメン。
初めて長い間、父と二人っきりで過ごすはずが、なんと父は再婚する言い出し・・。
4番目は、メキシコへサッカー合宿に行くブリジット。
美人で運動神経抜群の彼女は、サッカーのコーチをゲットする計画を立てるのだが、彼女の心には、いえない傷があった・・・。
それぞれに悩みをかなえる彼女達だが、大事な親友は遠く離れてる。
そんなときに、心の支えになったのは「魔法のジーンズ」だった・・・。

これは、姉妹のように育った4人の女の子たちが抱える悩みについての物語なんだけど、その悩みというのが、“あるある”と思えることばかりだったんだよね。
まぁ、もちろん16歳が抱える悩みなので、人生のつらさを描いているわけじゃないし、かわいい悩みよ。
でも観ている私も、30過ぎてるけど、あぁわかるなぁと思えることがいっぱいあったんだよね。sisterhood1

ギリシャに行ったリーナが、ステキなギリシャ男・コスタスを見つめながら海に落ちちゃったり、おばあちゃんに止められたら、そうかな・・と思ってしまったり、気になってるのに中々心を開けなかったり。
スーパーでバイトするティビーが、初めて知る死や、友達を失う怖さ。
パパの再婚相手に気後れするカルメンや、さみしさを別のことで紛らわせようとするブリジットの気持ちも、みんな、それぞれに良くわかるなぁと思いながら観てた。
そんなときに、大切な友人から送られてきたジーンズをはくと、傍にはいなくても、いつも支えになってくれる友達が背中を押してくれるような気分になるのが良く分かるんだよね。
落ち込んだときも、そのジーンズをはいていれば慰めてくれているような気分にもなるし。
sisterhood2
この映画にはジーンとする場面も多いけど、笑えるシーンもいっぱいあるところがいい。
リーナのギリシャの家族達は、「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」みたいで笑えるし、カルメンが何事にも強気で、‘新しい兄弟’とテニスをするシーンには爆笑(≧▽≦)
ティビーがしているスーパーのバイトがとても悲惨なのも、なんだかおかしいし、コーチをゲットするためには、なんでもしちゃうブリジットも微笑ましい。
彼女たちのコミカルな日常は、普通の16歳を感じさせる。
ドラッグや酒におぼれていないし、いじめにもあっていない普通の16歳。
その等身大の普通っぽさが、親しみやすくて、共感しやすかったんだよねぇ。

結局、この映画は不思議なジーンズの物語ではなく、お互いを支えあう友情の物語だった。
彼女たちにとって、一番ラッキーだったのは、その不思議なジーンズを手に入れたことではなく、困ったときに傍にいてくれる友達がいたということ。sisterhood3
それを思うとなんだか泣けてきてしまって。
最後には号泣(T-T)してた。
映画を観た後、大切な友達に会いたくなる一本。
大切にしたい友達がいる人にオススメ。

旅するジーンズと16歳の夏 公式サイト

11月 9, 2005 映画-タ行(アメリカ) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/6997809

この記事へのトラックバック一覧です: 旅するジーンズと16歳の夏:

» 【映画】 旅するジーンズと16歳の夏 ★★★☆ トラックバック 徒然なるままに・・・
ストーリー: 固い友情で結ばれた4人の女の子たちは、 16歳の夏を生まれて初めてバラバラに過ごすことに。 内気なリーナは祖父母の住むギリシャへ、 情熱的なカルメンは離婚した父親のもとへ、 母を亡くしても天真爛漫なブリジットはメキシコのサッカー・キャンプへ、 シニカルなティビーは地元でバイトをしながら、 ドキュメンタリー映画を制作する予定。 それぞれの出発の前日、 4人は体型の違う全員になぜかぴったり合う不思議なジーンズ�... 続きを読む

受信: 2005/11/10 0:17:33

» 大の男が泣かされてしまう トラックバック Osaka-cinema-cafe
男性に映画「スタンド・バイ・ミー」があるように、 女性にもそんな映画があってもいいはず。 今日、見つけてきました。 映画「旅するジーンズと16歳の夏」 お母さん同士がマタニティ教室で 一緒だったせいか、生まれる前から? 仲良しだった女の子、4人組。 これまでずっと一緒に過ごしてきたが、 16歳の夏、初めてパラバラに過ごす事になった。 古着屋でたまたま手にした一本のジーンズ。 性格が違えば、体型も違う彼女ら4人に、 なぜかぴったり合う。 これは何か素敵な事が起こりそ... 続きを読む

受信: 2005/11/10 2:44:21

» 旅するジーンズと16歳の夏/アンバー・タンブリン、アメリカ・フェレーラ、ブレイク・ライブリー トラックバック カノンな日々
劇場予告編を観たときにちょっと気になる作品だったのですが、映画雑誌では、ローカルな上映ながらも、なかなか評判が良さそうで、内容もやっぱり私好みな感じだったこともあり、久々に恵比寿ガーデンシネマに観に行ってきました。この前ココで見たのは確か「サマリア」だっ....... 続きを読む

受信: 2005/11/10 10:06:44

» 『旅するジーンズと16歳の夏』 トラックバック ラムの大通り
----この映画、原作がベストセラーなんだって? 「うん、30カ国以上で翻訳されている『トラベリング・パンツ』。 映画化の方も、全米のマスコミ評がすこぶるいい」 ----チラシを見たところ、4人の若い女性の友情物語みたいだけど…。 「そう考えて間違いないと思うよ。 でも『Dearフレンズ』にしても『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』にしても アメリカの女性友情物語ってなぜか4人。 『ザ・クラフト』『ミーン・ガールズ』�... 続きを読む

受信: 2005/11/10 11:22:54

» 旅するコンタクトと24歳の秋 「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック 平気の平左
評価:85点{/fuki_suki/} 旅するジーンズと16歳の夏 ああ、泣きそうになりましたよ。 なぜなら、コンタクトが旅に出てしまったからです。 (注:一般的には「失くした」と言います) きっと、下水道を通って、見知らぬ人のところに流れていくのでしょう。 でも、私のコンタクトは魔法のコンタクトなので、誰にでもぴったりです。 (注:コンタクトは誰の目にでもだいたいフィットします) ... 続きを読む

受信: 2005/11/10 11:39:21

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック Cinema-Absolutism
旅するジーンズと16歳の夏  2005/アメリカ  ★★★ 監督 ケン・クワピス 出演 アンバー・タンブリン / アレクシス・ブレーデル / アメリカ・フェレーラ / ブレイク・ライヴリー ■あらすじ■  「生まれる前から」ずっと一緒だった16歳の四人の女の子。この夏、初めて離れて過ごす。一本の不思議なジーンズを互いの心のホームにして。  四人のエピソードを、それぞれ少しずつ描いていくオムニバス形式だが、一本のジーンズがそれらを緩やかに纏め、ラストの収束につなげていく。テン... 続きを読む

受信: 2005/11/10 12:31:31

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック It's a Wonderful Life
この映画、話題に殆どなってませんが、かなりおすすめ! とってもいい作品でした。 生まれた時からずっと一緒だった4人の女の子。 16歳の夏、スタイルが違う筈の4人の誰が履いてもぴったり合う 不思議なジーンズに出会う。 その頃、初めて4人は別々の場所...... 続きを読む

受信: 2005/11/10 12:53:20

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック 龍眼日記 Longan Diary
もともと友情モノの映画には弱い。 それも特にオンナ同士の友情モノにはとことん弱い。 ・・・というワケでやっぱりやられてしまった。 思い切り私のストライクゾーンど真ん中の作品「旅するジーンズと16歳の夏」。 でもフタを開けてみたらこれって別にオトコでもオンナでも16歳でも30歳でも50歳でも 関係なく誰もが持っている大切な何かをくすぐられる宝箱みたいな映画だった。 母親がマタニティ教室で知り合った時から(つまり生まれる前から)の 幼馴染みの4人リーナ、カルメン、ティビー、ブリジット。... 続きを読む

受信: 2005/11/10 13:30:27

» 『旅するジーンズと16歳の夏』 トラックバック 六本木シネマだより
 『大の男が泣かされてしまう感動作…ワシントン・ポスト』とプレスにあるが、誇張ではない。試写室で、老年の男性がふたりほど鼻をすすりあげている姿を目撃した。私も、別の機会に予告編を見ただけで、うるっとくる…どころか、涙がすうっと頬を伝ってしまい、びっくりした。  子どもから大人になる瞬間を、みずみずしくとらえた青春ストーリーである。母親に自殺された少女、内気で自分を表現できない少女、父親に去られ民族的マイノリティも抱える少女、自分の中の芸術的エネルギーと社会とをうまく接続できない少女。4人の少女... 続きを読む

受信: 2005/11/10 21:12:07

» 『旅するジーンズと16歳の夏』 トラックバック かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
イメージ通りのハツラツ青春ムービー。 若いってスバラシイ。友達ってスバラシイ。さわやかに感動。 世界30カ国以上で翻訳されている大ベストセラー小説「トラベリング・パンツ」(THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS)の映画化。 幼い頃からの仲良し4人組が初めて離ればなれの夏休みを迎える。 4人で買った1本のジーンズをそれぞれの場所で順番にはくことを決める。 のびのびジーンズ? この4人全員にフィットするジーンズなんてありえないー と思ったら次... 続きを読む

受信: 2005/11/11 1:04:20

» 旅するジーンズと16才の夏 トラックバック suttokooryo
少し前の「王様のブランチ」でLilicoが紹介していた映画。紹介がなんだかおもしろそうだったのでわざわざ恵比寿ガーデンシネマまで見に行きました。 パンフもオリジナルでいい感じ。 上が封筒、下がパンフです。 いやー、めっちゃよかった。 2回泣いた 旅す...... 続きを読む

受信: 2005/11/11 6:54:01

» 映画「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック 星をかぞえながら・・・
今日の午後、恵比寿ガーデンシネマで、 映画「旅するジーンズと16歳の夏」 を観ました。Rのお友達が家に遊びに きたので、用意だけしてパパと2人、 外にでることにしました。(=^・^=) この映画は、生まれる前から母親同士が友達同士の 4人の女の子が、16歳の夏、初めてそれぞれから 離れて、1人で過ごした時間を追ったもの。 最初、この映画、はずれかもって思ったのに、 途中から、涙ボロッボロ・・・ハンカチふきふき。(笑) ギリシャの祖父母のもとを訪れる内気なLen... 続きを読む

受信: 2005/11/11 13:05:35

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック amapola
限られた時間の中で、各エピソードを薄っぺらにすることなく、若さの輝きや勢いだけに頼らずに、きっちり描く。彼女らの気持ちは痛いほどに伝わってくる。彼女達の悩みも輝きもその全てがくやしいくらい、爽やかで眩しくてたまらない。 ... 続きを読む

受信: 2005/11/12 11:34:35

» 「旅するジーンズと16歳の夏」評/トモダチ、ガ、ホシイ・・・ トラックバック I N T R O+blog
『旅するジーンズと16歳の夏』(2005 / アメリカ / ケン・クワピス) Text By 百恵 紳之助  「あー、友達欲しい・・・」なんて30越してかなりの本気感を漂わせて呟いてしまう映画だった・・・。「おい、俺は友達だぜ」とここを読んで思ってくれた人がいればすごく嬉しい。嬉しいけど、きっとお前...... 続きを読む

受信: 2005/11/12 13:41:27

» アンバー・タンブリン主演「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック 真紅の夢物語
こんなに泣いた映画は久しぶり あらすじと予告編はこちら(Yahoo!ムービー) 公開前からテレビでの予告編CMを見て、泣いてしまいました(T_T) この映画だけは劇場で見ようと心に決めていたのですが、その決定は本当に正しかったと自分でも思っています。 この映画の素晴らしい所の一つは映画全体の構成 4つのストーリーが同時に展開される訳だが、そのまとめ方がとても上手い。 普通ならごちゃごちゃしてしまい、どれがどの�... 続きを読む

受信: 2005/11/12 15:29:05

» 「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック もじもじ猫日記
産まれる前からの仲良しの、16歳の4人組が初めて離れて過ごす夏休み。 古着屋で不思議なジーンズをみつけた4人は、旅先でそのジーンズをリレーしてはくことにした。 内気なリーナは、祖父母の住むギリシャへ。 情熱的なカルメンは別れて暮らす父親のもとへ。 ブリジットはメキシコでのサッカー・キャンプに参加。 ティビーは、スーパーでバイトをしながら、ドキュメンタリー映画を製作することに。 そしてジーンズがリーナとともに旅を始�... 続きを読む

受信: 2005/11/12 16:49:22

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック 映画を観たよ
なんだかとっても素敵な気持ち。 16歳・・・2年前かぁ。私は何か変わったっけ?? たぶんまだまだ子供かも。 生まれる前から一緒だった?4人はこの夏初めて離れ離れに。 それぞれ違う場所で、違う悩み。でも心は不思議なジーンズがいつも繋いでくれる。 色々ある16歳。 なんとも爽やかな映画でした。 あんな友達っていいですね。あれだけ気心が知れててどんな時も側にいてくれる。 ただの青春映画かと思ってたら予想外に�... 続きを読む

受信: 2005/11/12 17:38:42

» 青春だ!「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック 目の中のリンゴ
先日から やたら楽しみにしていたこの映画。 原作を先に読みましたが 大好きな話でした。 (本の感想はこちら) 今日が初日ということで、先着プレゼントで  カワイイ柄のビニールテープをもらいました。 なんでテープ??と思ったのですが、そうか!4人の女の子は、 郵便小包やFedexを使って ジーンズを友達に送ります。 その梱包に使われるテープは 大事なアイテムですよね!納得。 仲良し4人組が�... 続きを読む

受信: 2005/11/13 14:17:38

» 旅するジーンズと16歳の夏(新映画日記転用) トラックバック 「しつこく」もろもろ日記
平日の昼間だからって初老のおじさまと私二人だけの客。 過去最高の(?)環境だったかもしれません。 (ネタバレ注意かな?) 生まれる前から一緒だった4人の少女が、 16歳の夏、はじめて別々の土地で休みを過ごす。 体型が違う4人になぜかフィットするジーパン。 4人はそれを順番に一週間づつはいて 次の人に送るという決め事をします。 4人の中で一番変わるのは内気なリーナ。 恋をして急に露出度の高い服になっちゃうんですけど まぁそ... 続きを読む

受信: 2005/11/15 9:51:59

» 「旅するジーンズと16歳の夏」 @イイノホール トラックバック 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
今日は、あ、訂正。今日も定時ダシュでイイノホールに!今月、残業0時間更新中のあーちゃんです。今週はなんとか調整がついて平日全日試写会という無謀ぶり発揮。この月末処理の忙しい中、毎日定時ダッシュがはたして良いことなのかどうなのかはおいておいて、こまったちゃんと一緒なので遅れるわけにはいかず、会社からイイノホールまで小走りw。ちょっと汗ばみながら到着したら、入り口付近に並んでいるこまったちゃんを発見。おかげ... 続きを読む

受信: 2005/11/16 17:12:10

» 旅するジーンズと16歳の夏 その1 トラックバック すたすた
今週の金曜日に上映が終わってしまうということで、先週の土曜日に「恵比寿ガーデンシネマ」に観に行きました。 この作品は掘り出し物という感じでしたね。 タイトルも覚えにくいし、16歳の4人の少女を描いた青春映画、と異性として敬遠したくなる内容....... 続きを読む

受信: 2005/11/17 21:36:18

» レポート「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック ALOHA CAFE
試写会に行って来ました。 たくさん泣きました。めちゃめちゃ笑いました。 16歳って、青春っていいな ミラクルの連続が青春なーーんだろーねー。 私はアメリカ青春物大好きなんで、私の完成にピッタリはまりましたYO。 ビバヒルとか好きだった人は間違いなく好きだ! 社会人をやってても、日々イライラするコト・モノ・ヒトとあるけれども、 ※こんなこととかこんなこと。 昔より思い悩まなくなったような気がする。 それは大人になって色んなことに敏感じゃなくなったから? 小さいことにクヨクヨしないタフな精神力? 全ての... 続きを読む

受信: 2005/11/17 23:12:35

» 試写会「旅するジーンズと16歳の夏」 トラックバック こまったちゃん。のきまぐれ感想記
試写会「旅するジーンズと16歳の夏」開映18:30@イイノホール 「旅するジーンズと16歳の夏」 THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS 2005年 アメリカ 配給:ワーナーブラザース 監督:ケン・クワピス 製作:デブラ・マーティン・チェイス、デニーズ・ディ・ノヴィ、    ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、    クリスティーン・A・... 続きを読む

受信: 2005/11/18 8:40:59

» 映画:「旅するジーンズと16歳の夏」の感想 トラックバック Mr.Ericの感じたままで
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。生まれる前からずっと一緒だったという女の子の4人組は、16歳を 続きを読む

受信: 2005/11/19 10:50:17

» 『旅するジ-ンズと16歳の夏』@恵比寿ガ-デンシネマ トラックバック 映画観たり本読んだり呼吸したり
                        原題:Sisterhood of the Traveling Pants監督:ケン・クワピス出演:アンバー・タンブリン/アメリカ・フェレーラ   ブレイク・ライブリー/アクレシス・ブレーデル ...... 続きを読む

受信: 2005/12/02 18:21:43

» The Sisterhood of the Traveling Pants (2005) トラックバック azcar
【邦題】旅するジーンズと16歳の夏。 【Cast】Amber Rose Tamblyn, Jenna Boyd, Blake Lively, America Ferrera, Alexis Bledel 【Director】Ken Kwapis 【Length】1 hr. 59 min. 【Genres】Drama and Adaptation 【Story】固い友情で結ばれた4人の女の子たちは、16歳の夏を生まれて初めてバラバラに過ごすことに。内気なリーナは祖父母の住むギリシャへ... 続きを読む

受信: 2005/12/15 14:19:52

» 旅するジ―ンズと16歳の夏 トラックバック Ties-こころ-
旅するジ―ンズと16歳の夏  監督:ケン・クワピス  出演:アンバー・タンブリン     アメリカ・フェレーラ     ブレイク・ライブリー  母親たちが知り合ったマタニティ教室。それが4人の絆の始まり生まれる  前から同じ場所で同じ時間を過...... 続きを読む

受信: 2006/01/19 15:57:35

» 旅するジーンズと16歳の夏 トラックバック ネタバレ映画館
 ボクはジーパン。  ジーパンといっても、誰かのように「何じゃこりゃー!」とは言わないよ。正真正銘のブルージーンなんだ。アメリカではただ“pants”とも呼んでるね。日本だと“ベスト・ジーニスト”とかよばれる変な賞もあったりするけど、ちょっと気に食わないなぁ〜。だって、あゆだったらいいけど、ホリエモンまで賞をとっちゃうんだもん。やっぱり日本人って変だよ。  ボクが店頭で客を待ってると、明日から初めてバラバラに夏休みを過�... 続きを読む

受信: 2006/02/02 8:37:19

» 旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ トラックバック 雑記のーと Ver.2
「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」を観た。 幼なじみの16歳の少女たち4人は赤ちゃんのときから、ずっと一緒だった。その彼女たちが初めて別々に夏休みを過ごすこ 続きを読む

受信: 2006/03/03 14:50:48

コメント

観たいんです。これ。
だけど、どうしても時間的に無理そう。こちらのレビューで、少し溜飲を下げました。ありがとうございます。DVDは、少し先になるだろうけど、待っていようと思っています。

投稿: あかん隊 | 2005/11/09 23:15:18

あかん隊さん、こんにちは。

良い映画ですので、是非観ていただきたいのですが、残念ですね。

DVDが出たら観てください。
ホント、ステキな映画ですので♪

投稿: toe | 2005/11/09 23:39:10

はじめまして、sabunoriと申します。
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました!
それぞれのエピソードが目新しいワケでもないのになんだか大好きな作品でした。
今年のベスト5に入りそうな予感です。

投稿: sabunori | 2005/11/10 13:35:25

sabunoriさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
私も、この映画大好きです。

そうなんですよねぇ。
かえって、よくある話にグッときました。
何度も観たくなる映画でした。

投稿: toe | 2005/11/10 13:53:45

TBありがとーございました♪
ほんとこの映画って、誰もが共感できる部分ってのがうまく表現されてますよねー☆
16歳っていうタイトルを恐れず(笑)、いろんな人に見てもらいたい映画です!

投稿: chiharu | 2005/11/10 15:11:41

chiharuさん

そーなんですよね~♪
誰でも共感できるってのが、最大のポイントです。
是非、老若男女に観て欲しい映画ですね。

投稿: toe | 2005/11/10 16:08:32

TBありがとうございます。
この作品大阪でも地味~に公開されて
ほとんど話題にもなってないんですけど、
結構人に薦めております!
一応メジャーの映画ですし、
シネコンも全国にあれだけあるんですから、
こんな傑作をもっと宣伝してヒットさせる
事は難しかったのかなぁなんて思います!
観た人はたいてい良かったって言ってますし
勿体ないですよね~^^

投稿: kazupon | 2005/11/10 19:37:06

kazuponさん

そう~。
「ハリウッドメジャー作品のくせに~」とか思いますよね~。
すごくもったいないです。
ホントに多くの人に見て欲しいです。
私も、もっと早く見に行けば良かったと思います。

投稿: toe | 2005/11/11 0:07:11

こちらにもコメントを。
いや~、映画が良かったので原作まで読みましたが、映画のほうが深いです。

誰にでも16歳はあったことを思い出させてくれるのでは。
私はティビーの小さな友人に泣けました。

投稿: もじもじ猫 | 2005/11/12 16:48:39

女の子達がキラキラしていましたよね。
普通にティーンムービーかと思っていたのでこんなに素敵な映画でびっくりしました。
こういう爽やかで元気になれる映画っていいですよね

投稿: ななな | 2005/11/12 17:53:25

>もじもじ猫さん

へぇ~。
原作より映画のほうが良いんですか~。
誰にでも共感できるところがすごく良いですよね~。
毎年のように観たい映画です。

>なななさん

私も、普通のティーン・ムービーだと思っていました。
女の子を主役にしていて、友達同士の間で彼氏の取り合いなどもなく、爽やかなのがすごく良いですね。

投稿: toe | 2005/11/13 1:05:34

TBありがとうございます。
私はレーナの話は原作の方がよかったんだけど、
映画は映画でよかったです!
こんなに泣いたの久しぶり・・・。ほんと、たくさんの人に観てもらいたい・・・。

投稿: kino | 2005/11/13 14:18:53

kinoさん

そうですね~。
たくさんの人に見てほしいですが、東京は終了してしまいましたね・・・。
残念です。
DVDが出たら、もっとたくさんの人に見てほしいですね。

投稿: toe | 2005/11/15 2:05:13

TB ありがとうございます。
こちらからも TB させていただきました。

私も恵比寿に観に行きました。いい作品ですよね。

カルメンのテニス姿はまさにプロ・テニスプレーヤーでした。

投稿: dsk | 2005/11/17 21:42:10

dskさん

あのカルメンには、爆笑でした。
ホントですよね。
まさに、プロプレーヤーの気合でした(笑)

投稿: toe | 2005/11/19 2:05:00

コメントを書く