« のだめ カンタービレ #9 | トップページ | サマータイムマシンブルース »

2005/10/11

クレールの刺繍

ちょっと、立て続けに3本映画を観たんだけど、これが、どれもそれなりに良い映画で、なんだか気分は上々~♪
その中から、まず1本目はフランス映画から。
claire


<STORY>
スーパーで働くクレールは、妊娠していることがわかったばかり。
医者からは、中絶ではなく匿名出産 (出産費用を無料にし、母親の名前を明かさずに子供を産むこと) を薦められる。
子供の父親は結婚して家庭もある。
スーパーでは太ったことを問われ、自分は癌であり、薬の副作用で太ったとウソをついた。
日々、お腹のふくらみが目立ってきたクレールは、会社を休んである家のドアを叩く。
そこは、刺繍職人メリキアン夫人の家だった。
刺繍が得意なクレールは、メリキアン夫人に雇って欲しいと願いに行ったのだった。
つい最近、事故で息子を亡くしたばかりのメリキアン夫人は、経歴も資格もないクレールに最初冷たく当たる。
が、その技術力から2週間だけの約束で雇い始める。
しかし、メリキアン夫人は生きる希望をなくしていた・・・。

まず、私はこの映画とても気に入ったなぁ。
クレールは、父親のいない子供を妊娠してしまったことに、罪悪感を感じて生きてる。
メリキアン夫人は、跡を継ぐ職人として希望だった息子を亡くしてしまい、失意を感じて生きてる。
claire_1
二人にとって刺繍は、生きる希望となり、絆となった。
この刺繍がすごくいいんだよね。
ホントに美しくて、上品。
刺繍をするシーンだけでも見る価値アリ。
刺繍やってみたくなった。
クレールとメリキアン夫人が間に大きな刺繍の台を置いて、二人で話しながら刺繍をするシーンがあるんだけど、印象的だったなぁ。
女同士だから分かり合える互いの気持ちの傷を、刺繍で縫い合わせて華やかにしているような・・。
そんな雰囲気を感じるなぁ。

二人女性の絆となる刺繍を描くほかに、クレールの成長の物語でもあるの。
最初出てきたクレールは、正直、「かわいくないなぁ、この子」(苦笑)と思ったんだよね。
でも、物語が進行するにつれ、クレールがどんどん綺麗になるのね。
これは、クレールがメリキアン夫人に認められ、職人としての腕がドンドン上がっていくのと比例しているの。
つまり、貧しくて、絶望的な女性も手に職を持って仕事をしていれば、自信を持ってステキな生き方をすることができると伝わってきたなぁ。
どんなに金が無くても、刺繍だけは続けたクレールから、すごく刺激を受けたよ。
理想的な生き方してるよなぁ。

claire_2
このクレールを演じてるローラ・ネマルクが、すごくいい。
少しずつ、大人の女性として、職人として目覚めていく過程を自然に演じているんだからね。
これで当時16歳だったっていうんだから、恐るべし。

偶然最近観たアメリカ映画の『キルトに綴る愛』に、内容がやや似ているけれど、あれよりも遥かにこちらの方が、上品であり、説得力もある。
でも、フランス映画らしく、本音とは遠まわしな言い方をするセリフと表情だけで、特にメリハリも無く進んでいくこの映画は苦手な人もいるでしょう。
生きる希望をなくしつつある女性のみなさんにオススメします。

そうだ。余談ですが。
一つ気になったのが “匿名出産” 出産費用は無料にするから、中絶しないで産んでくれ。という制度らしい・・。
とても、キリスト教のお国の考えそうなことだけど、日本もこの “匿名出産” を認めたら、出生率が高くなるかもぉ・・。と考えながら見てた。

クレールの刺繍 公式サイト

10月 11, 2005 映画-仏 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/6357151

この記事へのトラックバック一覧です: クレールの刺繍:

» 『クレールの刺繍』 トラックバック かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
女の感性で映画を味わえることに幸せを感じてしまうような。 宝箱にそっとしまっておきたくなるような愛おしい作品。 ミニシアター系作品のこの静かさと繊細さがたまらなく好き。 フランス映画の芸術性と女性が紡いだ物語のやわらかさに魅了される。 フランスの田舎町。 スーパーで働く17歳のクレールは妊娠していた。 出産後に赤ちゃんを里子に出す「匿名出産」を選択するも、 母親にも相談できず、周りの目を気にして不安に過ごしていた。 刺繍が得意なクレールはある日、刺繍職人メリキアン夫人を訪ねる。 ... 続きを読む

受信: 2005/10/12 0:19:54

» いのちを縫い込む〜「クレールの刺繍」 トラックバック 気まぐれ映画日記
ほんとは「チョコレート工場」を観るはずだったのに、寝過ごしたために行くつもりの映画館では間に合わなくなり、じゃあ近場の渋谷にしようかと思って行ってみたら満席になっていて、仕方がないから「メゾン・ド・ヒミコ」にしようかな、と思ったらやたら混んでるし、、とい....... 続きを読む

受信: 2005/10/12 0:25:01

» クレールの笑顔に脱帽《クレールの刺繍》 トラックバック アロハ坊主の日がな一日
今日阪神の優勝が決まった。 世の中、特に関西は大盛り上がり。20年近く前に阪神が 優勝した時に、大阪の道頓堀で酔っ払ってカーネルサン ダースを見て「バースや!バースや!」といって盛り上 がっていた時がなつかしい。こんなネタも、今となって はわからない人ばかり。世の中のお祭りムードに反して、 今回はしっとりと落ち着いた映画を紹介。 主人公クレール(ローラ・ネマルク)は、まだ17歳の少 女。しかし妊娠5ヶ月。相手の男は結婚していて、相談 できるほどでもないしそれほど好きというわ... 続きを読む

受信: 2005/10/12 0:41:26

» クレールの刺繍 トラックバック シャーロットの涙
針と糸が織り成す芸術、刺繍。淡々と続く単調な作業が、美しい芸術を生み出していくその様は人生そのものの様。布という人生の道に針という足で糸でできた軌跡を残していく。歩みは単調。淡々と続くその道は果てしない。しかし確実に作品は出来上がる。人生は自分のセンスでどうにでも装飾できるもの… クレールの刺繍には斬新な発想が取り入れられてあり、毛皮あり、チェーンあり、ボルト用の座金ありと、とても意気が... 続きを読む

受信: 2005/10/12 1:11:58

» 「クレールの刺繍」 トラックバック 試写会帰りに
ヤマハホール「クレールの刺繍」試写会。 霜の降りたような土のアップから始まる。 寡黙に打ち沈んだ女性2人が刺繍によって再生していく姿を、陰影深い絵画のような映像の中、ひと針ひと針ビーズを刺繍していくように丁寧に描き出していく。 この映画の持つ質感、空気感に..... 続きを読む

受信: 2005/10/12 1:50:10

» クレールの刺繍 トラックバック amapola
片田舎の町並みははどこかくすんでいて、映画に流れる無言の時間は重いが、繊細な刺繍とひたむきに針を動かし没頭するふたりの女性の美しさに、時を忘れた。 続きを読む

受信: 2005/10/12 7:43:31

» 「クレールの刺繍」 トラックバック てんびんthe LIFE
「クレールの刺繍」九段会館で鑑賞 フランス映画。簡単なストーリーから。17歳のクレールは妊娠5ヶ月、誰にも相談できず[匿名出産]で子供を産む決意をする。(子供は産むが自分で育てないで施設に養子として託す制度らしく出産費用がかからないらしい)彼女は刺繍が好きだったので親友の勧めでいつしかオートクチュール刺繍職人のメリキアン夫人のアトリエで働く。一人息子を交通事故で失った夫人も無気力な生活を送っていた。この心を閉ざした二人が刺繍を通して少しずつ心を開いていく…、という人間ドラマです。2004年カン... 続きを読む

受信: 2005/10/12 8:03:30

» 『クレールの刺繍』 トラックバック ラムの大通り
------これってタイトルやチラシの絵柄からして、 むか〜しの時代の話って気がするんだけど、 ニャんと現代なんだって? 「そうなんだよね。フェルメールの絵をモチーフにした 『真珠の耳飾りの少女』なんてのもあったし、 ぼくもその頃の話かと思ったら、まるで違っていた。 主人公はまだ17歳の少女クレール。 刺繍が好きな彼女は、妊娠を隠すために 親友の勧めもあって刺繍職人メリキアン夫人のアトリエで働くことに。 ところが... 続きを読む

受信: 2005/10/12 9:38:13

» クレールの刺繍 トラックバック ゴネの独り言。
出演:ローラ・ネマルク、アリアンヌ・アスカリッド、トマ・ラロップ、ジャッキー・ベロワイエ他 監督:エレオノール・フォーシェ 原題:BRODEUSES                      2004年 フランス ゆる~くネタバレしてるかも。 刺繍の仕事を通して交差する2人の女の心の交流を描く。 17歳のクレールは、妊娠していた。望んでできた子ではなかったが、中絶するには抵抗があった彼女は、『匿名出産』の道をとることに。なるべく周りの人間に知られたくない彼女は、『ガンの薬の副作用で太った』と嘘をつき... 続きを読む

受信: 2005/10/13 20:45:24

» クレールの刺繍 トラックバック あ~るの日記@ココログ
映画『クレールの刺繍』を観た。17歳の少女クレールが妻子ある男性子供を身ごもり、匿名出産することに。しかし、大きくなるお腹を隠しながらスーパーのレジを勤める事は難しく、好きな刺繍で生計を立てようと決意して、交通事故で子供を亡くしたばかりの刺繍職人メリキアン夫人のアトリエへ通うようになる。やがて、二人が心を通うわせる様になり、お互いが励まされクレールも自分で子供を育てることを決意する。 女性のエレオノール・フォーシェ監督の長編デビュー作であり、自ら3年かけて書き上げた脚本は、彼女の半生から得た経験を織... 続きを読む

受信: 2005/10/13 21:23:53

» 「クレールの刺繍」☆☆☆☆ トラックバック ど風呂グ
最近、観たい映画を、観たいときにではなく、ブログ当番のときに、観にいくようになってしまいました。 こんにちは。c-manです。 この映画、今から1ヶ月前くらいにbunkamuraに見に行きました。 (まわりのお客さんは、女性が多く、しかも、年齢層が高い。) さて、スト..... 続きを読む

受信: 2005/10/16 12:10:04

» 「クレールの刺繍」試写会 トラックバック ミチミチ
「クレールの刺繍」 監督 エレオノール・フォーシェ CAST ローラ・ネマルク/アリアンヌ・アスカリッド・・・ 今日は、試写会3連夜の第一夜 Christian Lacroixの特別ファッションショーつき試写会でした。場所もBunkamura ル・シネマ。しかし・・・会場のほぼ95%が女...... 続きを読む

受信: 2005/10/17 10:54:57

» 映画: クレールの刺繍 トラックバック Pocket Warmer
邦題:クレールの刺繍 原題:Brodeuses 監督:エレオノール・フォーシェ 続きを読む

受信: 2005/10/20 7:10:46

» クレールの刺繍 トラックバック 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
望まぬ妊娠をしたクレールと息子を事故で亡くしたメリキアン夫人。その二人のすれ違う心が、少しずつ触れ合い、やがて、寄り添うようになる過程が描かれています。そして、この二人を結ぶものが「刺繍」。一針一針、細かい作業を繰り返しながら、徐々に心を通わせていく様子が静か... 続きを読む

受信: 2005/10/20 12:06:04

» クレールの刺繍 トラックバック ★☆★ Cinema Diary ★☆★
鑑賞した日 : 10月22日土曜日 鑑賞した劇場 : 名演小劇場(10:00〜)   淡々とした映像。地味で動きの少ない静の作品。最初から最後まで大きな動きは全くありません。しかし惹きつけられました。恐ろしいほどに。上映開始1分から最後の最後までスクリーンに引き...... 続きを読む

受信: 2005/10/22 23:37:30

» 試写会「クレールの刺繍」 トラックバック こまったちゃんのきまぐれ感想記
試写会「クレールの刺繍」開映19:00@九段会館 「クレールの刺繍」 BRODEUSES 2003年 フランス 配給:シネカノン 監督:エレノール・フォーシェ 製作:ベルトラン・ファン・エフェンテール、アラン・ベンギーギ 製作総指揮:トマ・ヴェルハーゲ 脚本:エレノール・フォーシェ、ガエル・マーセ 撮影:ピエール・コットロー 編集:ジョエル・ヴァン・エフェンテール 配役:ナタニエル・エステル 音... 続きを読む

受信: 2005/10/30 19:59:13

» クレールの刺繍 トラックバック ネタバレ映画館
 赤毛の髪に巻いた青いターバン。透き通るような白い肌。『真珠の耳飾りの少女』のスカーレット・ヨハンソンをも彷彿させる。  望まない妊娠をしてしまった17歳の少女クレール。畑からキャベツを掘り出してウサギの皮と交換し、せっせと趣味の刺繍に没頭する。やがて産婦人科を訪れるが、医者からは“匿名出産”の道を勧められ、働いていたスーパーにも休職願いを提出する。帰省した折、親友リュシルのもとを訪ねるが、リュシルの兄�... 続きを読む

受信: 2005/11/21 23:05:02

» 映画「クレールの刺繍」 トラックバック ミチの雑記帳
映画館にて「クレールの刺繍」★★★★  ストーリー:フランスの片田舎。17歳のクレールは、妊娠を隠してスーパーのレジ係として働いている。唯一心が休まるのは、小さなアパートの一室で大好きな刺繍をしている時だけ。次第に大きくなるお腹のことも母親にさえ打ち明けられず、遂にひとりで“匿名出産”(身元を隠して出産し、養子に出すフランスの合法制度)を決意する。そんなある日、クレールは、息子を事故で失ったばかりの刺繍... 続きを読む

受信: 2005/11/24 19:51:10

コメント

TBありがとうございました。
刺繍を仲立ちに二人のわけありな女が心を通わせていくシーン。何気に感動させられるんですよね。

投稿: リカ | 2005/10/12 0:23:52

リカさん、こんにちは。

そうなんですよね。
二人が刺繍を通して心を通わせるのが、なんとも良かったです。

投稿: toe | 2005/10/12 0:29:20

TBありがとうございました。
刺繍ってこんなに美しいものなんだと改めて思いました。刺繍の映画というよりもクレールの心の成長を主に描いている感じでしたが、ファッション等色使いもさすがフランスの映画でしたね。好きな事するって明日への活力になります

投稿: charlotte | 2005/10/12 1:19:00

charlotteさん、こんにちは。

そうですね。
メインはクレールを描いているのに、刺繍が強く心に残る映画でした。

色使いも良かったですよね。

あぁ、好きなことして生きていけるのってホント理想です。
このごろ、強くそう思います。

投稿: toe | 2005/10/12 12:21:48

TBありがとうございます。
派手さはないけど、とてもよい映画で温かい気持ちになれました。
東京の雑踏にいると、この映画で描かれている世界に憧れちゃいますね。

投稿: あ~る | 2005/10/13 21:25:30

あ~るさん、こんにちは。

温かい気持ちになれますよね。
フランス映画なのに(?)絶望的な気分にならず、前向きな気分になれるのがいいですね。

そうですね~。
ホント、こんな生活に憧れちゃいます。

投稿: toe | 2005/10/14 0:43:06

TBありがとうございます
最後があっけなく、もう終わり?って感じでした
フランス映画っぽい感じはよかったです

投稿: zattchi | 2005/10/17 10:53:56

zattchiさん、こんにちは。

確かに、あっけなかったですね。
が、あっけないだけに、後からジワジワ良さがくるのでは・・という気がしました。

投稿: toe | 2005/10/17 14:49:33

こんにちは♪
1時間半という短い時間でもこんなにステキな映画が作れるのはいいですよね。
二人の女性が刺繍を通してつながりを深めていく様がとてもいいです。
時には向かい合って、時には並んで針を刺す。何物にも代えがたい大切な時間と空間でしたね~。

投稿: ミチ | 2005/11/24 19:54:21

ミチさん

そうですよね~。
あの刺繍の美しさがなんともいえなく贅沢なんですよね~。
ホントにステキな映画ですね。

投稿: toe | 2005/11/25 0:46:59

コメントを書く