« 灯台守の恋 | トップページ | そして、ひと粒のひかり »

2005/10/26

真夜中のピアニスト

これ、チラシを手にした瞬間に観たくなってしまって、早速行ってきた。
先日の『ルパン』では、ちょっと評判の悪かった (ーー;) ロマンが、私は結構好きで♪
今回は、ロマンがステキに見える(かも?)一本です~♪mayonaka_pianist


<STORY>
28歳のトム(ロマン・デュリス)は、不動産ブローカーの仕事をしている。
目をつけた不動産にねずみを放して住人を追い出したり、かなり手荒なことをして売買を行っている。
それは、父もやっていた仕事であり、そのせいか、つい父と衝突してしまうことも多い。
そんな彼にとっての癒しは、音楽であり、常に音楽を手放さない。
ある日、亡くなった母の友人を町で見かけ声を掛ける。
母は生前ピアニストをしており、彼はその母のマネージャーをしていた人だった。
彼は、トムのことも、トムの演奏のことも覚えていて 「今度、オーディションをしてあげるから、連絡しなさい」と言い、事務所の名詞を渡す。
ブローカーの仕事に嫌気がさしていたトムは、これが足を洗うチャンスになると、夜中にピアノを弾いてみる。
しかし、楽譜を前にしてどう弾いていいか分からないトム・・。
彼は、プロのピアニストからの助言を求める。
その時、彼の前に現れたのは、フランス語が分からず、英語も少ししか分からない中国人の女性だった。
それでも、とにかく聞いてもらいたいトムは、毎日午後に彼女の家に通い始める。
しかし、ピアノを再び弾き始めたトムを良く思わない父は、トムをブローカーの道に引き戻すために無謀なことをしてしまう・・。
トムは、父とピアノの間で板ばさみになるのだが・・。

“闇”に生きる男・トムを描いたこの映画、私はかなり気に入ったよ。
mayonaka_pianist_1最初から最後まで目が離せなくって、すごく見ごたえがあったなぁ。
フランス映画が好きな人、しっかりとした人間ドラマを観たい人には、是非観て欲しい一本。

この映画の見所は、トムと父の関係にあるんだよね。
トムにとって、父は “イラつき” のもと。
それは、同じ仕事をしているからなのか、父に新しい恋人ができたと知ったからなのか。
彼は、そんな父と同じ仕事をしていることにも、イラつきを感じてる。
父との関係がギクシャクしたときに間に入ってくれる母は、この世にいない。
母の代わりとなったのは、彼女が好きだったピアノ。
トムがイラついているのは、父に対してだけではない。
汚いことして家を売買したり、親友の妻と不倫をする自分にもイラついている。
トムは、ピアノがそんな日常から救ってくれるかもしれないと願うように打ち込む。
ピアノが、トムの怒りを表現し、癒していくというのが、この映画の面白さ。
トムが父や仕事から、ピアノに癒しを求めていく姿に注目して観て欲しい。

↓ネタバレアリ
mayonaka_pianist_2でね、そこで出てくる中国人の女流ピアニストの存在がすごくいいの。
闇の世界で汚れまくったトムにとって、彼女がいるその世界は清涼剤のような雰囲気がある。
彼女は、汚い世界をピアノに持ってくるなといわんばかりの勢いで、トムにピアノを教える。
でも、彼女に言葉は通じない。
通じるのは、ピアノだけ。
その彼女がね、すごく純粋無垢な感じでいいんだよね~。
でも、結局、トムが本当にピアノを弾けるのは、一人でいるときと彼女と一緒にいる時だけ。
そこがねぇ~、またいいんだよねぇ。
闇に生きる人間は、ピアニストになんかなってはいけない。
そうよね。そうっすよね。
ピアノを血で汚しちゃいけないっすよね。
↑ネタバレ終了

ロマンがねぇ~、本当にいいのですよ。
なんか、ロマン=トムになってて、すごく自然なんだよね。
イラつくときは、全身でイラついて、激しく衝動的に行動する。
まさに、それがトム自信だと納得してしまう。
人生に悩んでる人、親子関係に悩んでいる人、なんだか分からないけどイラついてる人、トムにとって音楽が癒しになったように、何かしたいと思えるかも・・。
フランス映画が好きな人には、絶対にオススメ。

真夜中のピアニスト 公式サイト

10月 26, 2005 映画-仏 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/6642448

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のピアニスト:

» フランス人の口説き方はすごい 「真夜中のピアニスト」 トラックバック 平気の平左
評価:55点 真夜中のピアニスト なんか今週は、「悪くないんだけど、どうも今ひとつはまらない」という作品が多いですねえ。 この作品もそうです。 悪くないんだけど、もう一歩。 goo映画によるとストーリーは、 28歳のトムは悪辣な不動産ブローカー。同業の父親に頼まれれば借金の取立てに手を貸すことも。薄汚れた世界で、どうにも満たされない心を持て余していたが、ピアニストだった亡き母... 続きを読む

受信: 2005/10/28 11:34:53

» 悩める男、ロマン・デュリス[ 真夜中のピアニスト ] トラックバック アロハ坊主の日がな一日
実にいいタイトル。原題はフランス語で書かれているの でよくわからない。この映画の予告を見たとき、 ウォークマンのCMに見えてしまった。 ちなみに、この作品は70年代に作られたアメリカの 〔 マッド・フィンガーズ 〕のリメイクとして作られた。 28歳。不動産ブローカー。 夢なんかずっと昔に 捨てたはずだった。 あの日偶然、 彼に再会するまではー。 夢憧れていたモノを手にする男のサクセスストーリーの はずだった。そう思っていた。 実は、男の成長ものがたりとしても描... 続きを読む

受信: 2005/10/28 12:13:37

» 「 真夜中のピアニスト 」 トラックバック MoonDreamWorks
監督 : ジャック・オディアール 主演 : ロマン・デュリス / ニールス・アルストラップ / リン・ダン・ファン      公式HP:http://www.mayonaka-pianist.com/ 「 真夜中のピアニスト 」 原題は「 Debattremoncoeurs'estarrete 」 東京FMホールの試...... 続きを読む

受信: 2005/10/28 12:43:13

» フランス映画祭で 『真夜中のピアニスト』 トラックバック かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
生エマニュエル・ドゥヴォスに感激。 会えなかったけど、やっぱりロマン・デュリスはいいよね! 第13回フランス映画祭横浜2005 に顔を出してみました。 みなとみらいはかなり久しぶり。 いつのまにやらこんなにいろんな建物が完成していたのですね。 みなとみらい線が東横線とつながっていることすら知らなかった。 パシフィコ横浜にもたぶん初めて足を踏み入れました。 ゲストとして来日予定だったロマン・デュリスが来られなくなったのは甚だ残念! でも、エマニュエル・ドゥヴォスを拝むことができ... 続きを読む

受信: 2005/10/28 22:00:27

» 『真夜中のピアニスト』 トラックバック Brilliant Days 
次々と公開されますね♪ ロマン・デュリス君主演作品!  フランス本国ではすでに”ジャン・ポール・ベルモンドかアラン・ドロンの再来”とまで言われるようになり、名実共に若手NO.1スターになりつつあるようです連 日本ではまだまだ「ルパン」は別格で、..... 続きを読む

受信: 2005/10/28 23:51:24

» 『真夜中のピアニスト』 ★★★★☆80点 トラックバック ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
『真夜中のピアニスト』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/仏                      配給;メディア・スーツ、ハピネット・ピクチャーズ       上映時間;108分        監督;ジャック・オディアール   ...... 続きを読む

受信: 2005/10/31 12:19:23

» 真夜中のピアニスト トラックバック 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
28歳のトムは、悪辣な不動産ブローカー。ある時、偶然に、かつての恩師に再会したことから、亡くなった母のようなピアニストになりたいという夢が蘇ります。トムを支えるのは、中国から来た女性のピアニストだけ。二人が共通に理解できるのは、片言の英語のみ。ピアニストのオーデ... 続きを読む

受信: 2005/11/22 10:54:39

» 真夜中のピアニスト:男の葛藤を描く佳作 トラックバック 朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」
★原題:De Battre Mon Coeur S'est Arrete★監督:ジャック・オディアール(2005年 フランス作品)京都シネマにて鑑賞。★あらすじ悪徳不動産ブローカーを生業としながらも、ピアニストの夢を捨てきれない青年・トム(ロマン・デュリス)の苦悩や葛藤を描く。レビ....... 続きを読む

受信: 2005/12/02 17:38:13

» 『真夜中のピアニスト』〜胸さわぎ、消ゆるとき〜 トラックバック Swing des Spoutniks
『真夜中のピアニスト』公式サイト 監督:ジャック・オディアール出演:ロマン・デュリス ニール・アルストラップほか   【あらすじ】(フライヤーより)トムは28歳。放埒な父親の跡を継ぐことを宿命づけられているかのように、今は、薄汚れ時として残酷な裏切り....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 19:20:52

» 真夜中のピアニスト De Battre Mon Coeur S'est Arrete トラックバック Paranoia Vagrant
見事な演奏が聴けるんだろうと、そこにカタルシスがあるんだろうと思ってたら、そういうわけではなかった。 続きを読む

受信: 2005/12/15 6:14:41

» 真夜中のピアニスト トラックバック 泥海ニ爆ゼル
「真夜中のピアニスト」 ロマン・デュリス主演作品。ピアノ作品はここのところタイトルが似たり寄ったりになっているのが気にかかる。「ピアニスト」「海の上のピアニスト」「戦場のピアニスト」・・・一体どういう意図があるんだろうか。この作品はベルリン映画祭で銀熊賞(最優秀音楽賞)受賞、金熊賞ノミネートという輝かしい成績を引っさげてきた、にもかかわらず単館上映という憂き目に。 トム(ロマン・デュリス)は、父と同じ道を歩むように不動産業の裏ブローカーとして生きている。ある日昔のピアノの恩師に再会し、よ... 続きを読む

受信: 2005/12/18 1:05:46

» 真夜中のピアニスト トラックバック 映画とはずがたり
裏社会に生きる父の跡を継ぐことが、 まるで宿命づけられたかのように 不動産の闇ブローカーとして生計を立てている青年トム。 裏切りや暴力が渦巻く薄汚れた世界に身をやつしながらも、 彼の心の奥底には夢があった。 ―いつの日か死んだ母親のようなピアニストになる....... 続きを読む

受信: 2006/01/11 21:23:14

コメント

このロマン・デュリスはサイコーでしたよねぇ♪
(それと、『ガッジョ・ディーロ』もサイコー)
あのイラつき具合はリアルでハラハラしました。
感じる映画でしたね。万人ウケなんてしなくていいのさっ

投稿: かえる | 2005/10/28 22:04:41

かえるさん、こんにちは。

ロマン、最高でした~。
ホントにイラついてましたもん。

私も『ガッジョディーロ』好きです~♪
『スパニッシュ・アパートメント』のロマンも好きで、近々そちらもUPする予定です。

投稿: toe | 2005/10/28 22:57:29

toeさん
TB有難うございました♪
ルパンのロマンも素敵でしたよねえ!
「オールイン」の原作本ってあるんですね・・
私はビョンホン好きの友人にDVD貸してもらって一気に鑑賞してます。
おっと、ここはロマンのコーナーでした(笑) 只今過去作品への旅行中です。

投稿: マダムS | 2005/10/28 23:57:55

マダムSさん、こんにちは。

私も『ルパン』のロマンも悪くなかったと思うのですが、どうもメジャー向きじゃないみたいですね・・(^^;)あの、もみ上げがダメとか・・、いろいろ声を聞きました。

『オールイン』の原作本ありますよ~。
イナはこの原作の方がモデルになっているんです。
ドラマの方はどうですか?
ドラマにはまったら、原作もオススメしますよ。

投稿: toe | 2005/10/29 0:19:39

toeさん、TBありがとうございます。

 なかなかいい映画で、深かったです。
ロマン氏の演技光るものがありました!

余談ですが、オールイン面白かったですね。
原作本読んで見たくなりました。

 今後も読ませていただきます。

投稿: nolita | 2005/10/29 1:08:04

nolitaさん、こんにちは。

ロマンの演技素晴らしかったですね。

「オールイン」面白かったですか?
面白いですよね~。
原作には、ドラマとは全く違った楽しさがあるので、是非、読んでみてください。

投稿: toe | 2005/10/29 11:26:21

コメントを書く