« 第62回ヴェネチア国際映画祭 | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »

2005/09/12

名探偵の掟

私は、本屋やブックオフに行ったとき、その場の直感で読みたいなぁ~♪と思った本をまとめ買いして、本棚に平積みし、本を読みたいなーと思ったときに、その平積みコーナーから上から順に読むことにしている。

あまり考えずに本を買ったり、手に取ったりしているからか、当たり外れも大きい。
自然と、映画化された作品を読むのが無難という理由で、映画の原作が多くなってしまうのも、そのせい。
で、今回も筆者の東野圭吾は知っていたものの、映画の場合は内容をほとんど覚えているくせに、本の場合は内容を即忘れてしまう映画脳のせいで、その著作を読んだか読んでいないかすらあまり覚えていない。
多分、読んだと思うんだけどなぁ~~ってかんじ?(^^;)
でね、今回は、私にとってハズレくじだったのよ。
この本は、東野圭吾の短編集なんだけど、全ての作品に一貫したテーマがあって、「ミステリーの掟を暴露する」ことがそのテーマになってる。
例えば、“密室殺人”が起きるミステリーの場合、どのようにして筆者は、密室を作り出すのかを、登場人物が暴露しちゃう。

全ての短編に同じ登場人物が出てくるんだけど、それが、大河原番三警部と、天下一名探偵の二人。
警部が突っ込みで名探偵がボケって感じの漫才コンビ風。
この二人が、筆者の苦労話や、そのテクニックの裏側を暴露しながら、コメディタッチで話は進行する。
最初は、そのミステリーの裏側を楽しんでいたんだけど、途中でなんかどうでもよくなっちゃって・・ (^^;)
私、あまりその “ミステリーの裏側” に興味無いんだなぁとこの本読んで知りましたよ。ホホ

そのどうやってミステリーの世界を描くのかというトリックにはあまり興味ないのよね。
なぜ、犯人はその犯行に至ったのかとか、追い詰めるときの心理戦とか、そういうことに興味があって、文章的なテクニカルの部分は興味ないんだよね。

その犯罪の心理的な部分は軽~く描かれていたこの作品は、私にはちょっと最後まで読むのがつらかったっス。

9月 12, 2005 読書 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/5917824

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵の掟:

» (書評)名探偵の掟 トラックバック たこの感想文
著者:東野圭吾 名探偵・天下一大五郎を主役にした本格ミステリの連作短篇集…の形を 続きを読む

受信: 2005/09/17 14:20:43

コメント

コメントを書く