« 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE | トップページ | ウォルター少年と、夏の休日 »

2005/08/31

フライ,ダディ,フライ 小説版

近頃、急激に過ごしやすくなってきたよね~。
とはいえ、昼はまだまだ暑いけど A^-^;)
もうすぐ、秋でございます。
秋といえば、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋。
今年は、これを全て制覇しようと計画中。 ウフ。
いつもは、芸術の秋、オンリーだからね。
特に、スポーツはしばらくどころか、10年ぐらい何もしてなかったので、ちょっと楽しみにしているのだ。
その計画の詳細ついては、いつかまた。お楽しみに~♪ちっとも楽しみじゃないか・・・。

先月劇場で観た『フライ・ダディ・フライ』ね、面白かったもんだから、どうしても原作本読みたくなっちゃって購入~♪
で、読み始めたら、これがまた読みやすくて面白いもんだから一気に読んじゃった。
映画の脚本家が、原作者の金城一紀だからね。
ま、当然のようにストーリーは映画と全く同じなんだけど、映画なりの面白さと、原作なりの面白さの両方があって良かったな。
やっぱねぇ、原作のおっさんの方がちょっと疲れてるな。
でも、やっぱり映画が先だったから、鈴木=堤真一なのよね~。
それにスンシン(舜臣)は、原作の中でもかっこいい。

原作なりの面白さは、日記形式でつづられる鈴木の体力の増強の記録。
なんか、夏休みの宿題の日記みたいな感じなんだよね。
40代のおっさんなのに。
映画みたいに映像で観るのもいいけど、筋肉痛の感じとか、スンシンの厳しさとか、文字で観るとおっさんの気持ちがストレートに入ってくる。
でも、映像から感じたものと、小説で読んだものにさほど差が無いことからして、やはりよく出来た映画だったんだなぁと実感。

なんか、本気でスポーツする気になった。
口だけになりませんように。
すごぉく読みやすい本なので、高校生の師匠を持つ、40代の悲しきおっさんのひと夏の冒険を読みたい人にはオススメ。

8月 31, 2005 読書 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43476/5722833

この記事へのトラックバック一覧です: フライ,ダディ,フライ 小説版:

» 金城一紀:『フライ・ダディ・フライ』読み終わり~☆ トラックバック ~~冬眠中~~
金城一紀:『フライ・ダディ・フライ』読み終わりました☆ 今回も楽しく読むことがで 続きを読む

受信: 2005/09/01 8:43:39

» 「フライ・ダディ・フライ」(金城一紀著) トラックバック 京の昼寝〜♪
★「フライ・ダディ・フライ」金城一紀著【講談社】  いや〜、久しぶりに先が読みたくて読みたくて仕方が無いくらい面白い本に出会いました! そもそも週末にシネコンで映画を観るたびに、色んな予告編を楽しみに観ているのですが、その中の一本にこの『フライ・ダディ・フライ』が記憶に残りました。 かみさんは岡田クンが出るのでそっちが記憶に残ったそうですが(笑) ?!  で、かみさんが『東京タワー』を観てから原�... 続きを読む

受信: 2005/09/25 15:55:50

コメント

コメントを書く